まずは公的介護保険の保障内容をチェック

ある程度は公的保障でまかなえる

高齢者の介護を社会全体で担おうという主旨で発足した公的介護保険。介護費用を考えるときには、公的介護保険の保障を知っておく必要があります。公的な保障で足りない分を自分で用意すればいいからです。

出典: 公的な介護保険制度の基本 [医療保険] All About

在宅介護と施設での介護、かかる費用の目安は?

在宅:要介護1、週2回デイサービス利用で月1.2万円(例)

公的介護保険は財政難から、施設介護から在宅介護へシフトしています。ですから、今後、在宅介護が増えるでしょう。その場合の費用はどれくらいかかるか知っておきましょう。要介護状態区分ごとに、典型的な費用の例を挙げています。

出典: 在宅介護、費用はいくらかかる? [定年・退職のお金] All About

施設:特別養護老人ホーム入所で月3万~12万円(例)

公的介護保険は在宅介護にシフトしているとはいっても、施設での介護がまったく受けられないわけではありません。施設を利用すると、費用はどれくらいかかるのでしょうか。ショートステイ、特別用語老人ホーム、有料老人ホーム、それぞれの費用の例を挙げました。

出典: 介護費用、施設に入居するといくら? [定年・退職のお金] All About

介護費用をシミュレーションできるサイトも

介護費用はどの要介護状態区分か、在宅か施設入所か、どの介護保険サービスを利用するか、などで大きく変わってきます。「介護費用かんたんシミュレーション」を使えば、公的介護保険のサービスでかかる費用を試算できます。

出典: 無料で使える「介護費用かんたんシミュレーション」 [介護] All About

おひとりさまだと費用をもっと多く見積もる必要が…

親の分もあわせて、なんと1300万円も!?

親と同居のまま中高年になってしまったおひとりさまは、親の介護費用を負担しなければならないかも。それに、自分の介護費用も考えなくては…。シミュレーションしてみると、両方合わせて1300万円という驚きの金額が。

出典: 親の分も含めて1300万円!?おひとりさま老後の介護費用 [定年・退職のお金] All About

公的介護保険で足りなければ民間の保険で備える手も

介護保険商品を選ぶポイントは5つ

公的介護保険では足りない介護費用の準備は、今や必須です。その方法は、貯蓄か民間介護保険、または両方を併用するかです。民間の介護保険は保険会社や商品によって保障内容がかなり異なるため、賢く選ぶには押さえるべきポイントがあります。

出典: 民間の介護保険を選ぶ5つのポイント [医療保険] All About