チャイルドシートの着用義務は何歳から何歳まで?

チャイルドシートの着用義務はズバリ、生まれたその瞬間から、6歳になるまで。自動車に6歳未満の子供を乗せる際は、安全を確保するため必ずチャイルドシートを設置してくださいね!

道路交通法により、平成12年4月から6歳未満の乳幼児にはチャイルドシートを使用することが義務付けられています。具体的には、生まれた産院を退院する時から、小学校入学までに当たります。

リンク: ママと子どもの安全教室 チャイルドシート編 [ファミリーカー] All About

違反すると罰金を取られるの?

チャイルドシートを付けていないと、道路交通法違反になります。罰金は取られませんが、1点減点になります。

幼児用補助装置使用義務違反は点数1点で反則金等はありません

リンク: Bad Request

レンタカーでもチャイルドシートは必須?

レンタカーは着用必須で、レンタカーと一緒にチャイルドシートも借りられます。
そのほか、知人の車に乗せてもらう際もチャイルドシート着用義務は発生しますので、ご注意ください。

6歳未満の幼児を同乗されるお客さまは、レンタカーご予約の際にチャイルドシートについても必ずご予約ください。
なお、ご予約のない場合、お客さまがチャイルドシートをご用意されていなければ、レンタカーのご利用をお断りいたします。

リンク: レンタカーならニッポンレンタカー | チャイルドシートのご案内

タクシーでもチャイルドシートは必須?

バスやタクシーではチャイルドシートは必須ではありませんが、赤ちゃんはしっかり抱っこしてあげましょう。

対象幼児の人数分だけチャイルドシートを座席に装着すると、全員が乗車できない場合(例えば5名乗車のクルマに大人2人と6歳未満の幼児4人が乗る場合。全員分のチャイルドシートを取り付けるスペースがない場合は、取り付けが可能な座席にだけ取り付ければよい)や身体の状態によりチャイルドシートの使用が困難な時、また事業用のバスやタクシーがお客である幼児を乗せる時など、使用義務が免除される場合もあります。

リンク: JAF|クルマ何でも質問箱:その他|チャイルドシートの使用義務は何歳まで?

その他、チャイルドシート使用義務が免除されるケース

1.座席にチャイルドシートが固定できない場合
2.乗車人数が多くチャイルドシートを利用すると乗ることが出来ない場合
3.幼児が怪我をしているなどの理由で健康に影響が出る場合
4.極度の肥満や身体の状態により使用できない場合
5.バスやタクシーなどに乗る場合
6.医療機関などへ緊急搬送する場合
7.適切にシートベルトを装着できる座高を有する幼児の場合

リンク: チャイルドシートの使用義務が免除される場合 - 6歳未満の子でも必要ない時がある | はじめて学資保険

チャイルドシート、ベビーシート、ジュニアシートの違いは? 切り替え時は?

「チャイルドシート」と一括りにされることが多いですが、子供の成長に応じて、使うシートは異なってきます。

●生後~1歳頃:新生児・乳児用ベビーシート
●1~4歳頃:幼児用チャイルドシート
●3~11歳頃:学童用ジュニアーシート
と使い分けてください。
このほか、複数のタイプを兼用できるものもあります。

子ども用のカーシートを総称して「チャイルドシート」と呼びますが、実際の製品としては生まれてすぐから1歳頃まで使用する「新生児・乳児用ベビーシート」、およそ1~4歳で使用する「幼児用チャイルドシート」、3~4歳以降で使用する「学童用ジュニアーシート」、そしてそれらの兼用ができるシートなど、さまざまな種類があります。

リンク: チャイルドシートの種類・違い [チャイルドシート] All About

このリンク先の記事では、ベビーシート・チャイルドシート・ジュニアシートの対象年齢、正しい装着方法など詳しく解説しています。

おすすめの組み合わせ

ベビーシート(新生児・乳児用)、チャイルドシート(幼児用)、ジュニアシート(学童用)と成長に合わせていくつものシートを買い換えるのはもったいないですよね? そこで、リンク先の記事では、予算、安全性、ファッション性など重視するポイント別におすすめの組み合わせをご紹介しています。

出典: チャイルドシートのおすすめ組み合わせ例 [チャイルドシート] All About