神社・仏閣

日本三大大仏 鎌倉大仏(神奈川県鎌倉市、高徳院)

『奈良大仏』(東大寺)と『鎌倉大仏』(高徳院)が、二大大仏であることは間違いなし。三大大仏とするために、あと1つ、どこの大仏を入れるかは議論のあるところ。有力候補は富山県の『高岡の大仏』など。

出典: はじめての鎌倉 おすすめ観光名所ベスト5 [鎌倉・江ノ島の観光・旅行] All About

日本三大弁財天 江島神社(神奈川県藤沢市)

安芸の宮島、近江の竹生島と並ぶ三大弁財天。俗に「裸弁財天」として知られる一糸まとわぬ姿の『妙音弁財天』と、頼朝が奉納した『八臂(はっぴ)弁財天』が、江島神社境内の奉安殿というお堂にまつられています。

出典: 2/5 はじめての江ノ島 おすすめ観光名所ベスト5 [鎌倉・江ノ島の観光・旅行] All About

日本三大観音 浅草寺(東京都台東区)

『大須観音』(愛知県名古屋市)、『津観音』(三重県津市)と並ぶ三大観音。『浅草観音』の名称で親しまれる都内最古の寺院で、『雷門』を入り仲見世に進むと、まるで毎日がお祭りのような、東京の超定番観光スポット。

出典: 下町の中心・浅草寺 [東京の観光・旅行] All About

史跡・建物

日本三大門 日光東照宮の陽明門(栃木県日光市)

奈良・東大寺の南大門、法隆寺の南大門と並ぶ三大門。門全体に500以上の彫刻がびっしりと彫られており、いつまで見ていても見飽きないところから「日暮の門(ひぐらしのもん)」の別名があります。

出典: 日光東照宮 [日光の観光・旅行] All About

日本三名橋 日本橋(東京都中央区)

『錦帯橋』(山口県岩国市)、『眼鏡橋』(長崎県長崎市)と並ぶ三名橋。かつて五街道の起点であり、日本の中心であった『日本橋』周辺。現在、橋自体は高速道路に覆われ目立ちませんが、周辺の再開発が進み、新たな中心地として生まれ変わりつつあります。

出典: 名橋「日本橋」保存会 公式ホームページ

日本三名園(三公園) 偕楽園(かいらくえん 茨城県水戸市)

『兼六園』(石川県金沢市)、『後楽園』(岡山県岡山市)と並ぶ三名園(三公園)。水戸藩主徳川斉昭によって造園されました。約13haの園内には約百品種・三千本の梅が植えられ、早春には観梅客でにぎわいます。

出典: 偕楽園 | 茨城県営都市公園オフィシャルサイト

このほか、史跡・建物部門では、鹿島神宮(日本三大楼門)などがあります。

温泉

日本三名泉 草津温泉(群馬県吾妻郡草津町)

有馬温泉(兵庫県神戸市)、下呂温泉(岐阜県下呂市)と並ぶ三名泉。熱い源泉を冷ますための「湯もみ」の光景が有名。「日本三大薬泉」にも選ばれる草津の温泉は酸性が強く殺菌力が高いので、昔から特に皮膚病に効くといわれてきました。(※1)

出典: 草津温泉 [温泉] All About

日本三美人湯 川中温泉(群馬県吾妻郡東吾妻町)

龍神温泉(和歌山県田辺市)、湯の川温泉(島根県出雲市)と並ぶ三美人湯。旅館の創業は昭和22年ですが、温泉の歴史は中世以前に遡るそうです。泉温34.6℃のぬる湯で、長い時間ゆっくりと入浴することがコツ。効能は、冷え性、美肌効果。

出典: [公式サイト]川中温泉 吾妻渓谷温泉郷 かど半旅館 日本三大美人の湯 いわな料理と温泉のくつろぎの宿

三大美肌の湯 喜連川温泉 (きつれがわおんせん 栃木県さくら市)

嬉野(うれしの)温泉(佐賀県嬉野市)、斐乃上(ひのかみ)温泉(島根県仁多郡奥出雲町)と並ぶ三大美肌の湯。硫黄の成分が強く、「温泉の成分が体の中に入ってくるような温泉」(喜連川早乙女温泉ホームページより)。

出典: 日本三大美肌の湯 喜連川温泉 - さくら市ホームページ

このほか、温泉部門では、温泉地別宿泊者数による「日本三大温泉街」(箱根、別府、熱海) もありますが、やや古いデータに基づくようなので、最近は順位が変わっているかもしれません。

景色・自然

日本三大名瀑 華厳滝(栃木県日光市) 袋田の滝(茨城県久慈郡大子町)

『那智の滝』(和歌山県)と並んで、『華厳滝』(高さ97m)と『袋田の滝』(高さ120m)が、三大名瀑にランクイン。いずれも流れ落ちる姿と、周囲の四季の自然の美しさが魅力。『華厳滝』は、「三大神滝」にも選ばれています。写真は、『華厳滝』。

出典: 4/5 豪快に流れ落ちる滝 ベスト5 [名所・旧跡] All About

日本三大河川 利根川

長さ・流域面積から、信濃川、利根川、石狩川が、三大河川とされます。中流域の取水ダム『利根大堰』の水量は迫力満点! 利根川(坂東太郎)、筑後川(筑紫次郎)、吉野川(四国三郎)の「日本三大暴れ川」としても知られます。

出典: 利根大堰 | 観光・イベント | 千代田町

日本三大奇勝(奇景) 妙義山(みょうぎさん 群馬県)

耶馬渓(やばけい 大分県中津市)、寒霞渓(かんかけい 香川県小豆島)と並ぶ三大奇勝(奇景)。仙人でも住んでいそうな不思議な景観。「日本百景」や、赤城山、榛名山と共に「上毛三山」の一つにも数えられます。

出典: 妙義山 | 山の最新情報、登山の季節、登山ルートや山行記録を紹介 - ヤマレコ

このほか、景色・自然部門では、雁坂峠(日本三大峠)、霞ヶ浦(日本三大湖)、那須疏水(日本三大疏水)などがあります。

街・食べ物・市場

日本三大中華街 横浜(神奈川県横浜市)

神戸、長崎と並ぶ三大中華街。中国料理店は200店以上。事前に、どんな店があって得意料理は何かなどを知っておけば、満足度アップ、間違いなし!

出典: 中華街(横浜) [横浜の観光・旅行] All About

日本三大焼きそば 上州太田焼きそば(群馬県太田市)

富士宮(静岡県)、横手(秋田県)と並ぶ三大焼きそば。特徴的な太麺に吟味されたソース。安くてボリュームがあり、気軽に食べられ、くせになる味。

出典: 上州太田焼そばのれん会

日本三大朝市 勝浦(千葉県勝浦市)

飛騨高山、能登輪島と並ぶ三大朝市。定休日の水曜を除いて、毎日朝6時からやっていますが、市営無料駐車場が6時30分オープンなので、その時間を目指して行くのがおすすめ。(※2)

出典: 房総千倉温泉で春先取り! 白間津花畑と三大朝市 [温泉] All About

祭り

日本三大祭 神田祭(東京都、神田明神)

『祇園祭』(京都府、八坂神社)、『天神祭』(大阪府、大阪天満宮)と並ぶ三大祭。関東でも最大級の、神輿(みこし)がでるお祭り。大祭は山王祭と交互に、2年に一度行われます。

出典: 一度は行きたい日本の祭り五選 [日本の祭り] All About

日本三大夏祭 山王祭(東京都、日枝神社)

『祇園祭』(京都府、八坂神社)、『天神祭』(大阪府、大阪天満宮)と並ぶ三大夏祭。徳川三代将軍家光公以来、歴代の将軍が上覧拝礼する「天下祭」 として盛大をきわめ、東京のど真ん中で江戸時代にタイムスリップ。大祭は神田祭と交互に、2年に一度行われます。

出典: 山王まつり - 日枝神社

日本三大曳山祭(三大美祭) 秩父夜祭(埼玉県秩父市、秩父神社)

『高山祭』(岐阜県高山市)、『祇園祭』(京都府)と並ぶ三大曳山祭(三大美祭)。既に300年以上の歴史を持つ由緒あるお祭りです。メインは、12月3日の大祭の夜に行われる笠鉾・屋台行列。

出典: 芸術的な屋台装飾に酔いしれる 「秩父夜祭」 [日本の祭り] All About

山王祭の公式サイトでは、山王祭を「日本三大祭」に含めています。
このほか、祭り部門では、『高崎だるま市』(日本三大だるま市)、『土浦全国花火競技大会』(日本三大花火大会)、『湘南ひらつか七夕まつり』(日本三大七夕祭)などがあります。『湘南ひらつか七夕まつり』は、近年、規模縮小傾向にあります。

※1 2014年9月現在、観光客に無料で開放している共同浴場は、次の3施設のみ。「白旗の湯」「千代の湯」「地蔵の湯」。問い合わせ先:(一社)草津温泉観光協会 0279-88-0800

※2 問い合わせ先:勝浦市観光商工課観光商工係0470-73-6641(直通)

「三大○○」の選定は、地域によってご当地のものを入れるなど、様々な説がある場合があります。