電車

ジャカルタ近郊電車は一昔前の東京?

インドネシアの首都ジャカルタの近郊電車は、一昔前の東京かと思うほど、元日本製車両が大活躍だ。リンク先ではJR京葉線の行き先表示そのままの旧国鉄103系、地下鉄東西線に乗り入れていた東葉高速鉄道の電車、東急8000系も頑張っている姿が見られる。

出典: ジャカルタで働く日本の電車:は~べすと ~旅と毎日と私~:So-netブログ

ブエノスアイレスを走る営団丸ノ内線500形

かつて営団地下鉄(現・東京メトロ)丸ノ内線で働いていた真っ赤な塗装の500形電車の今を追ったサイト。地球の裏側、南米アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで元気に走っている。車体を塗り替えることなく、車内にも日本語表示を残すなど、一昔前の東京が再現されるという。

出典: 営団丸ノ内線500形の今-トップページ

客車

マレーシアで蘇った夜行寝台特急ブルートレイン

相次いで廃止となった夜行寝台特急ブルートレイン。少々塗装は変わってしまったが、懐かしい夜汽車の旅が、マレーシアで蘇った。客車の一部がオレンジ色に変わってしまったが、車内はほぼそのまま。ノスタルジックな汽車旅の乗車記は興味深い。

出典: 南の国のブルートレイン「マレーの虎」に乗る(1) | RailPlanet

パープルに進化したタイのブルートレイン

タイの首都バンコクから北に向かうチェンマイ行き夜行列車のルポサイト。元JRのブルートレイン客車を使っている。紫を主体とした塗装に変わってしまったので、ブルートレインとは呼べないけれど、随所にブルートレインの片鱗を残していて懐かしい。車内も往時のままだ。

出典: タイのブルートレインに逢いに 元国鉄14系・24系 バンコク発チェンマイ行き13番列車乗車記 | 国鉄型HD

フィリピン国鉄の12系客車

フィリピンでは元JRの青い12系客車が、往時のままの姿で走っている。懐かしい姿ではあるが、手入れが悪いのか、かなりぼろぼろの状態で哀しくなる。リンク先では12系客車の気になる車内を詳細にレポートしている。

出典: どっか行きたいな。  フィリピン国鉄

ディーゼルカー

キハ181系はミャンマーでの再開ツアーが人気沸騰中

JR西日本の特急「はまかぜ」を最後に引退したディーゼルカーのキハ181系。なんとミャンマーで第二の人生を送るようになった。日本からキハ181系に再会するツアーが実施され、いま密かに人気沸騰中!

出典: ミャンマーで現役!国鉄ディーゼル特急キハ181系 | 国鉄型HD

SL(蒸気機関車)など

貴婦人と呼ばれた台湾の蒸気機関車が復活!

終戦前の日本で造られ、「貴婦人」とも呼ばれた台湾の蒸気機関車(SL)CT273が、30年の時を越えて復活した。細部が変更されてはいるが、この機関車はまぎれもなく日本のC57である。人気ある台湾のC57復活に多くの日本人ファンが台湾に向かった。

出典: 帰ってきた貴婦人 台湾の蒸気機関車、30年経て復活:朝日新聞デジタル

サハリンにいたD51とキハ58

北海道の北隣、ロシア領サハリンはかつて日本領だったことから多くの日本製車両が走っていた。謎はベールに包まれてはいるが、蒸気機関車D51の保存車両が確認されているし、近年譲渡されたディーゼルカーのキハ58の姿も見ることができる。

出典: 2013年サハリン鉄道の旅1

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項