1. アクセス制限や自動転送機能を使う際の準備

まずは、ウェブサーバの設定ファイル「.htaccess」ファイルの作り方を押さえておきましょう。ウェブサーバの機能を使って「アクセス制限」や「自動転送」などの各種機能を使いたい場合には、このファイルの作成・編集が必要です。

.htaccessファイルの書き方と設置方法

ウェブ上に「.htaccess」という特殊な設定ファイルを設置すると、アクセス制限・ユーザー認証・リダイレクト(自動転送)・エラーページのカスタマイズなど、様々な特殊設定が実現できます。「.htaccess」の書き方(作り方)と設置方法をご紹介。テキストエディタで簡単に作成できます。

出典: .htaccessファイルの書き方と設置方法 [ホームページ作成] All About

2. IDとパスワードの入力を求める認証機能を作る方法

ユーザー認証(IDとパスワードの入力)が必要な会員制ページを作りたい場合には、簡単な認証機能である「BASIC認証」を使うと便利です。特定のページやディレクトリに対してアクセス制限を施せます。

基本認証でアクセス制限をかける方法

ウェブサイト内の特定のページやディレクトリにアクセス制限を施す方法として、基本認証(BASIC認証・ベーシック認証)の使い方を初心者向けに解説。ユーザー認証(IDとパスワードの入力)が必要な会員制ホームページの作り方をご紹介。

出典: 基本認証でアクセス制限をかける方法 [ホームページ作成] All About

3. もっと簡単に、JavaScriptだけで認証機能を用意する方法

パスワードの入力を求めるアクセス制限を施したいものの、複雑な準備は一切したくない!……という場合には、JavaScriptを使った手軽な認証方法もあります。確実な閲覧制限にはなりませんが、その分とても手軽に実現できます。

簡単閲覧制限!JavaScriptでパスワード認証

JavaScriptを使ってパスワード認証機能を作る方法を解説。「ウェブ上でパスワードの入力を求めるアクセス制限を施したい、でもBasic認証やCGIを使う複雑なことはしたくない」という場合には、JavaScriptを使った手軽なパスワード認証方法はいかがでしょうか。ほんの数行のスクリプトを貼り付けるだけで、簡単に閲覧制限ができます。

出典: 簡単閲覧制限!JavaScriptでパスワード認証 [ホームページ作成] All About

4. ファイル単位でアクセスを拒否する方法

認証機能ではなく、問答無用で第三者の閲覧を拒否したい場合もあるでしょう。特に、CMSツールの管理画面などは自分以外に触らせる必要はありません。セキュリティ面からも、第三者によるアクセスはブロックしておく方が望ましいでしょう。そのような場合には、「特定のページに対するアクセス」だけを制限する方法を使うと便利です。

ログインページに他人がアクセスするのを拒否する方法

CMSツールなどのログインページには、通常は誰でもアクセスできます。ウェブサーバのアクセス制限機能を使って「自分や関係者以外からのアクセスを拒否する」方法をご紹介。不正ログインの可能性を減らす方策の1つになります。

出典: ログインページに他人がアクセスするのを拒否する方法 [ホームページ作成] All About

指定ファイルへのアクセスを拒否する方法

ウェブサーバの設定ファイル「.htaccess」を活用すると、特定ディレクトリへのアクセスを問答無用で拒否したり、指定ファイルへのアクセスだけを拒否したり、自分以外のユーザによるアクセスを拒否したりできます。

出典: 指定ファイルへのアクセスを拒否する方法 [ホームページ作成] All About

5. 直接リンクを防ぐ方法

画像やスクリプトなど、ウェブサイトを構成するファイルの一部分を、外部サイトから利用されたくない場合にも、アクセス制限機能が活用できます。

直リンクを防ぐには?…禁止と言っても無駄

画像や特定ページへの直リンク(外部サイトからのリンクや参照)をどうしても防ぎたい場合、「禁止します」と宣言しても無駄です。技術的にアクセス制限を施すしかありません。直リンクを技術的に防ぐ方法をご紹介。

出典: 直リンクを防ぐには?…禁止と言っても無駄 [ホームページ作成] All About

6. アクセス者を移転先へ自動転送させる方法

あるウェブページを別の場所に移動した場合や、ウェブサイトを丸ごと他の場所に移転した場合には、アクセス者を指定URLへ自動転送できると便利です。

移転先へ自動移動(転送/リダイレクト)させる方法

ホームページを別のURLへ移転した際に便利な、「指定したページへ自動的に移動(リダイレクト)させる方法」を解説。すぐに自動転送する方法のほか、全ページに同じ「引っ越し案内」を一括表示させる裏技も紹介。.htaccess・HTML・JavaScriptの3通りでの書き方を掲載。

出典: 移転先へ自動移動(転送/リダイレクト)させる方法 [ホームページ作成] All About

7. アクセスに失敗した際のエラーメッセージを書き換える方法

ページが見つからなかったときに表示される「404 Not Found」や、閲覧不可能なURLにアクセスした際に表示される「403 Forbidden」などのエラーメッセージは、味気ない英文ではなく、独自に用意した内容に置き換えておくと便利です。これらのエラーメッセージは、簡単に書き換えられます。

Not Foundなど エラーメッセージを独自作成

ページが見つからなかったときに表示される「404 Not Found」エラーなどのエラーメッセージを、独自に用意した内容(ページ)に置き換えてみませんか? エラーメッセージも自サイト用にデザインしてみましょう!

出典: Not Foundなど エラーメッセージを独自作成 [ホームページ作成] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項