切手カタログ本は必需品!

手元にある切手にどれくらいの価値があるのか?欲しい切手はいくらで買えるのか?そうした取引額の目安を知りたかったり、切手の発行年や発行枚数などの基本情報を調べたりする時に使うのが、切手カタログです。

リンク: 切手カタログの種類と使い方 [切手収集] All About

切手カタログなら「さくら日本切手カタログ」がおすすめ!
最初に買う切手カタログとしてお薦めなのは、毎年4月20日頃に発行される『さくら日本切手カタログ』(日本郵趣協会)です。380ページ(2015年版)ほどの冊子に、1871年から歴代発行された日本切手が全種類、カラーで採録されている優れ物です。

リンク: 切手カタログの種類と使い方 [切手収集] All About

切手収集についてもっと詳しく知るなら切手入門書

歴史や背景を知ることで楽しみ倍増!「知って得する切手の話」
切手収集をする上で必ず知っておきたいことを手堅くコンパクトにまとめた本で、切手収集家が切手知識を確認したり、一般の人に分かりやすく切手収集のことを紹介したりするのに便利です。

リンク: 切手入門書を開いてみよう! [切手収集] All About

ユース向けの「切手収集と楽しみ方入門」
1970年代の切手ブームの中で生まれた著作だけに、レトロな雰囲気を漂わせますが、この時代のユース向けの切手入門書には、2点特筆すべきものがあります。まず定番中の定番といえるのが、今井修氏の『切手収集と楽しみ方入門』(小学館、1980年)です。日本切手や外国切手の想像力をかき立てるエピソードを盛り込み、多くの切手少年たちの心をつかみました。

リンク: 切手入門書を開いてみよう! [切手収集] All About

切手用語集もあると便利!

使いやすい「切手用語集」

切手コレクションにも色々な専門用語があります。新しい言葉も含めて用語が分かると楽しさが広がります。

出典: 最新もの知り切手用語集 - 出版物のご案内

もっと専門的に知りたければ…

専門家が解説、日専を読み解くシリーズ

少し詳しくなり始めたら、専門家による雑誌、日専(日本切手専門カタログ)を読み解くシリーズで更に知識を深めるのもいいでしょう。

出典: 郵趣用品のご案内