弦が柔らかくてテンションが弱いギターが練習しやすい!

ギター弦も素材(ナイロン、スチール、etc.)、特殊加工などたくさん種類がありますが、その中に基本として、弦の太さを選ぶことができます。通常細いほど柔らかい(押さえやすい)です。はじめは押さえやすい弦を選ぶのも有りかと思います。

リンク: Fコードの克服方法 [ギター] All About

ギターの種類によってもテンション(弦の張り)が弱いものもあります。テンションが弱いと弦を押さえるのが楽です。Fコード以外でも、チョーキングとかやりやすいです。また、ネックの太さ、形状の違いで、エレキはネックが細いので、物理的には手が小さくてもネックが握りやすく、練習が続けれる可能性があります。

リンク: Fコードの克服方法 [ギター] All About

曲を知っていて簡単な童謡などから練習する

初心者におすすめの曲が収録された楽譜

Amazon.co.jp: 初心者に絶対!! クラシックギター初歩の初歩入門: 小胎 剛: 本

出典: Amazon.co.jp: 初心者に絶対!! クラシックギター初歩の初歩入門: 小胎 剛: 本

曲を分解して全体像を把握する

練習する曲を決めたら、はじめに譜面を見たりせず、何度か流して耳だけで聴いてみます。
その時、わかる範囲でいいのでどんな部分に分解できるか考えながら聴いていきます。

そして、耳が曲に慣れてきたら小さなメモを手に【イントロ】【Aメロ】【Bメロ】【サビ】【ソロ】【エンディング】などとその曲に出て来る「登場人物」とおぼしきセクション名をそれぞれ数枚ずつ書きます。

リンク: 5分でできるギター上達法:まずは曲構成を把握! [ギター] All About

これをやっておくことで、曲の全体像を把握でき、自分が今どこを弾いているか迷子になることもありません。

コードチェンジの練習は左手だけに集中して!

コードチェンジだけを練習するには、右手は使わず、弦を押さえる左手の動きだけにフォーカスするとより効果的です。なぜなら、右手でアルペジオやストロークをしてしまうとそちらにも注意がいってしまうからです。

リンク: 5分でできるギター上達法:コードチェンジ強化編 [ギター] All About

鬼門・Fコードを押さえられるようになるには「省略フォーム」がオススメ!

バレー(セーハ)はせずに人差し指は1・2弦のみを押さえ、2・3弦は中指・薬指で押さえる(5・6弦は弾かない)ことで格段にコード演奏が簡単になります。

慣れてきたら、5弦も押さえるフォーム(6弦は省略)や、6弦を親指で押さえるフォーム(5弦は省略)を練習します。

リンク: 省略フォームなんかどうでしょう [ギター] All About