そもそも記念コインって何?

記念貨幣とは、国家的行事・出来事を記念し、日本の場合、閣議の決定を経たうえで発行される特別な貨幣になります。

リンク: 記念貨幣・記念コインとは一体何でしょうか? [記念硬貨・コイン収集] All About

日本で初めて発行された記念貨幣は、昭和39(1964)年の東京オリンピックを記念して発行された『東京オリンピック記念1,000円銀貨、100円銀貨』になります。1,000円銀貨は1,500万枚、100円銀貨は8,000万枚発行されました。もしかすると既に保有されている方もいらっしゃるかもしれません。
これだけの枚数が発行された経緯には、オリンピック大会の運営費をまかなう側面があったといえます。

リンク: 記念貨幣・記念コインとは一体何でしょうか? [記念硬貨・コイン収集] All About

さらに価値が高いと言われる「ミントセット」って?

日本万国博覧会記念100円白銅貨に関しては、ビニールパックに表紙付で「ミントセット」として販売されたものがあります。ただし、これは海外向けのみに販売されたため、入手はなかなか大変かもしれません。

リンク: 記念貨幣・記念コインとは一体何でしょうか? [記念硬貨・コイン収集] All About

記念コインの価値っていくらぐらい?

東京五輪記念コイン

1,000円銀貨は日本の象徴である富士山と国花の桜をあしらうデザインになっています。一方、100円銀貨は五輪と聖火があしらわれています。現在、コインショップなどでは、未使用のもので1,000円銀貨は3,000円~5,000円前後、100円銀貨は300円~500円前後で販売されているケースが多いです。

リンク: 記念貨幣・記念コインとは一体何でしょうか? [記念硬貨・コイン収集] All About

札幌冬季五輪記念コイン

札幌冬季オリンピック記念100円白銅貨は、1972年に開催された札幌オリンピックを記念して発行されました。東京オリンピック記念貨幣に次いで発行されたオリンピック記念貨幣になります。

発行枚数は30,000,000枚、貨幣商では未使用品で200円~600円ほどで販売されているケースが多く、比較的手ごろに購入しやすい記念貨幣といえます。

リンク: 札幌冬季オリンピック記念100円白銅貨とは? [記念硬貨・コイン収集] All About

札幌記念貨入りミントセットまでのミントセットは、海外向けのみに販売されたためです。札幌記念貨入りミントセットの場合、販売数は30,000、造幣局販売価格は2.9米ドル、日本貨幣商協同組合「日本貨幣カタログ2013」によれば、4,000円ほどの価値があるとのことです。

リンク: 札幌冬季オリンピック記念100円白銅貨とは? [記念硬貨・コイン収集] All About

国際博覧会(大阪万博・EXPO’70)記念コイン

記念貨貨幣セットという形でも販売されました。日本万国博覧会記念100円白銅貨は記念貨貨幣セットの第1号であり、透明のケースに入れられています。こちらは販売数が極めて少なく、7,000しか販売されていないこともあり、価値としては「日本貨幣カタログ2013」によれば35,000円となっています。

リンク: 日本万国博覧会記念100円白銅貨とは? [記念硬貨・コイン収集] All About

日本万国博覧会記念100円白銅貨を記念コイン1枚で持っている場合には、未使用品でも250円~500円ほどの価値しかないといえますが、一方、貨幣セットで販売されているものもあり、こちらは価値が非常に高くなっているといえます。

リンク: 日本万国博覧会記念100円白銅貨とは? [記念硬貨・コイン収集] All About

沖縄海洋博覧会記念コイン

発行枚数は120,000,000枚とこれまでに発行された我が国の記念貨幣でもっとも多いこともあり、貨幣商やインターネット販売では未使用品で150円~200円前後で販売されているケースが大半です。

リンク: 沖縄海洋博覧会記念100円白銅貨とは? [記念硬貨・コイン収集] All About

つくば国際科学技術博覧会(通称:つくばEEXPO’85)記念コイン

発行枚数は70,000,000枚とこれまでに発行された我が国の記念貨幣の中でも多い部類に入ります(前回解説した「天皇御在位50年記念100円白銅貨」も同様の発行枚数でした。)そのため、貨幣商やインターネット販売では未使用品で800円前後で販売されているケースが大半です。

リンク: つくば国際科学技術博覧会記念500円白銅貨とは? [記念硬貨・コイン収集] All About

いつ発売されるの?

今後の発売予定は造幣局のサイトでチェック!

今後の記念コインの発行予定は造幣局のサイトに掲載されています。お目当てのコインを逃さないように事前に要チェック!

出典: 独立行政法人 造幣局 : 平成26年以降発行予定記念貨幣一覧