ルール1:60歳以降も働くと給料は激減。しかし「手当」がもらえる

60歳以降も働らく人の給料は、60歳時の30%~70%程度に減るのが一般的。でも、減った分の一部をカバーする「中高齢雇用継続給付」がもらえます。どんな条件だともらえるのかなどを知っておきましょう。

出典: 60歳以降にもらえる高年齢雇用継続給付とは [定年・退職のお金] All About

ルール2:給料を「年金が減額されない程度」に抑える

定年してから会社員として再就職することがあります。この場合、収入が多すぎると年金が減額される「在職老齢年金」が適用されます。どう働くのがトクなのかを把握しておきましょう。

出典: 年金カットを防ぐ!60歳代のお得な働き方を検証 [年金] All About

ルール3:年金と失業給付、どちらを受け取るのが得かを考える

60歳以降に退職し、再就職先を探しているとき、年金か雇用保険の基本手当(失業給付)のどちらか一方を選ばなければなりません。どちらがよりお得なのか知っておきましょう(※ただし、昭和36年4月2日以降生まれの男性、昭和42年4月2日以降生まれの女性については60~65歳の年金の支給がなく、そもそも年金を選択する余地はない)。

出典: 60歳以降の退職、年金と雇用保険、お得なのはどっち? [年金] All About

ルール4:定年後の健康保険はとりあえず「任意継続被保険者」で

定年後も働き続けるつもりで求職しても、なかなか再就職先が決まらないこともあります。そんなとき、健康保険は「任意継続被保険者」の手続きをしましょう。

出典: 定年退職後の健康保険はとりあえずこれ! [定年・退職のお金] All About

ルール5:あくまでも「健康」をキープしながら働き続ける

定年後、まだまだ元気とガッツリ稼ごうと頑張る人もいるでしょう。でも、働きすぎて身体を壊してしまったら大変! 働けなくなるだけでなく、医療費負担が家計に重くのしかかるかも……。老後こそワークライフバランスが大事です。

出典: 3/3 老後の働き方こそワークライフバランスを重視しよう [定年・退職のお金] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項