Wi-Fiスポットの活用法と注意点

Wi-Fiスポットは、スマートフォンのように使用量による帯域制限がない。いくら利用しても速度は遅くならない。また、契約なしに無料で利用できる場合もある。

リンク: 公衆無線LANサービスを有効活用する方法 [LAN・無線LAN・Wi-Fi] All About

Wi-Fiスポットはどんな場面で役立つのか?

Wi-Fiスポットは、近年では多くの場所に設置されるようになっています。とはいえ、スマホのLTE通信で満足している方も多いでしょう。こちらでは、どのような場面でWi-Fiスポットが活躍するのか、4つのポイントを紹介しています。

出典: 公衆無線LANサービスを有効活用する方法 [LAN・無線LAN・Wi-Fi] All About

Wi-Fiスポットに入ると、「Free ~」や「Public ~」といったネットワーク名が表示される。ここで、そのネットワーク名を選択すればWi-Fiでの通信が可能になる。

このとき、通信しているデータは暗号化はされていない。暗号化の表示欄に「None」と表示されたり、鍵のかかってないアイコンが表示されているだろう。

リンク: Wi-Fiスポットを利用する際の注意点 [LAN・無線LAN・Wi-Fi] All About

このようなWi-Fiスポットを利用した場合、通信データが漏洩してしまう恐れがある。もっとも、ある利用者の通信データが他人にそのまま表示されてしまう訳ではないが、無線LANのデータをツールを利用して解析することは可能だ。

リンク: Wi-Fiスポットを利用する際の注意点 [LAN・無線LAN・Wi-Fi] All About

個人情報のデータも傍受される可能性がある…?その対策法は

Wi-Fiスポットは大変便利なサービスですが、手放しでは喜べない面もあります。自分以外の第三者も接続できるネットワークであるために、通信内容が傍受される可能性があるのです。

出典: Wi-Fiスポットを利用する際の注意点 [LAN・無線LAN・Wi-Fi] All About

無料・有料のWi-Fi、どこのサービスを利用すべき?

数多くの施設で取り入れられているWi-Fiスポット、それぞれどんな特徴があるか分かりにくいのが現状です。リンク先では、無料・有料ともにサービスエリア拡大中のWi-Fiスポットを紹介しています。

出典: 【リンク集】サービスエリア拡大競争に突入? 公衆無線LAN(Wi-Fi)の今 -INTERNET Watch