高齢出産で考えるリスク

高齢出産のリスクとは

漠然と報道されている「高齢出産のリスク」ですが、その一つ一つには理由があります。

出典: 高齢出産にはどんなリスクがあるの? [妊娠の基礎知識] All About

40代以降の出産で考えなければいけないリスク

ダウン症や流産などが起こりやすくなる年代といわれる40代以降の妊娠。産むことを選ぶならどうすればいいか、また、産むことでしか幸せになれないのか、ということも含めて考えてみるのもいいかもしれません。

出典: 40代で産んだらどうなるの? [妊娠の基礎知識] All About

出産費用も通常よりかかる可能性が

高齢出産となると若い妊婦さんに比べて検査項目が増えたり、帝王切開で出産することになったりと、出産までにお金がかかることも……。妊娠を考え始めたら、貯蓄も見直す必要がありそうです。

出典: 高齢ママの出産費用とその後のライフプラン [出産・育児費用] All About

どうすれば回避できるの?

外的要因はできるだけ省いて

もちろん年齢を問わず、流産やハンディの元となる外的要因は極力排除したいですが、20代の妊婦以上に気をつけておいた方がいいことがあります。

出典: 妊娠を考えたら始めたい5つのこと [妊娠準備] All About

赤ちゃんの生まれる力を信じることも大事!

統計学上、高齢出産でリスクが高まるのは事実ですが、肝心なのは数値だけで物事を判断せず、しっかり準備をして、後は赤ちゃんの生まれる力、母体の産む力を信じましょう。まさに案ずるより産むが易し、ですね。

出典: vol.1 産む力と赤ちゃんの生まれる力 [子作り・家族計画] All About

妊娠前から自分にあった病院探しを

高齢出産に対応しきれる設備や人員の余裕があるクリニックは妊娠してから探すのは自身の体調の変化もあり、とても大変。それほど遠くなく、自分にあった医療機関を探しておきましょう。

出典: 出産施設探しは、妊娠前から [妊娠準備] All About