1. おひとりさまに必要な老後資金の額

ビンボー老後を回避するには、まず、おひとりさま老後に必要なお金を知っておくことが大切です。生活費、医療・介護費用、ゆとり資金を考慮すると、数千万円単位でかかると見ておいたほうがよさそうです。

出典: 最大5000万円!? おひとりさまの老後に必要なお金 [定年・退職のお金] All About

2. おひとりさまがもらえる年金額

老後の生活費のベースは、何と言っても、公的年金です。おひとりさまはどれくらいもらえるのか把握しておきたいもの。そして、年金額を少しでも増やすためにできることは積極的に取り組みましょう。

出典: おひとりさまの年金額はいくら? [年金] All About

3. 年金の足りない分を補う方法

老後生活は、公的年金だけでは足りないおひとりさまがほとんどでしょう。足りない分は、自分で何とかするしかありません。そう、生涯現役で働けるだけ働くことで、足りない分をカバーしましょう。

出典: おひとりさま老後、働けるだけ働いて収入を得よう! [定年・退職のお金] All About

4. 老後の生命保険(医療保険)との付き合い方

老後はえてして、病気やケガをしやすくなります。その治療費を捻出するため、老後資金を取り崩すのは心細いもの。老後資金は生活のために使い、治療費は保険で賄うのが賢い選択です。入り方のポイントを知っておきましょう。

出典: おひとりさまが入るべき生命保険は? [生命保険] All About

5. 住まいの形態で変わるリスク

自分名義の持ち家、親の家に同居、賃貸……どのタイプの老後の住まい方でも、ビンボーに転落してしまう可能性はあります。住まい方ごとのビンボーになる要素(落とし穴)と、お金の対策を考えておきましょう。

出典: おひとりさま老後の住まいに潜む落とし穴 [定年・退職のお金] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項