平泉に行く前に……そもそも世界遺産とは?

そもそも世界遺産とは?

「世界遺産」とは、世界遺産条約に基づいて作成される「世界遺産一覧表」に記載されている物件のことで、建造物や遺跡などの「文化遺産」、自然地域などの「自然遺産」、文化と自然の両方の要素を兼ね備えた「複合遺産」の3種類があります。2015年7月現在、日本の世界遺産は富士山をはじめ19件(文化遺産15件、自然遺産4件)です。(外務省HPより)

出典: 世界遺産 | 外務省

世界遺産・平泉の歴史、かんたんチェック

岩手県南西部にある平泉は、平安時代の後期、いわゆる奥州藤原氏(清衡、基衡、秀衡、泰衡)が支配し、「黄金文化」を作り上げた中心地。その富の象徴としての中尊寺金色堂が今なお残っています。ちなみに、藤原四代は、頭文字をとって、「キ・モ・ヒ・ヤス」と覚えます。

出典: 鎌倉散歩モデルコース 奥州平泉の歴史散策

平泉の世界遺産

平泉の世界遺産は、「中尊寺」「毛越寺」「金鶏山」および、二代基衡の妻が建立したとされる寺院跡「観自在王院跡」、三代秀衡が宇治の平等院鳳凰堂にならって建てたとされる華麗な寺院跡「無量光院跡」の5つの構成資産から成立しています。

中尊寺(ちゅうそんじ)

平泉観光の目玉といえば、中尊寺の「金色堂」。創建当初から残る唯一の建物で、国宝第一号。仏壇には、夜光貝などが装飾に使われ、まさに贅(ぜい)を極めたもの。松尾芭蕉は、「五月雨の 降り残してや 光堂」と、金色堂を「光堂」と表現しました。

出典: 関山 中尊寺

毛越寺(もうつうじ)

毛越寺の見所は「大泉が池」という平安時代に造られた浄土式庭園。藤原時代は、この池に船を浮かべ管弦の楽を奏しました。池の周囲の四季の自然が、とてもきれいです。境内は、国の特別史跡・特別名勝の二重指定を受けています。

出典: 特別史跡・特別名勝 毛越寺

金鶏山(きんけいさん)

中尊寺と毛越寺のほぼ中間に位置する円すい状の山。平泉の都市設計の基準とされ、藤原氏によって山頂に大規模な経塚が営まれた信仰の山でもあります。名前の由来は、秀衡が、この山を富士山に見立て、山頂に金の鶏を埋めたという伝説にちなみます。

出典: 金鶏山│平泉を観る│観光アーカイブ│ひらいずみナビ

平泉で行われる祭り、イベントなど

観光地・平泉では様々な祭り、イベントが行われますが、最も華やかなのは、春と秋に行われる「藤原まつり」です。

春の藤原まつり

藤原まつりは、毎年、春と秋に開催される観光イベント。春は、5月1日~5日に開催。圧巻は、「源義経公東下り行列」。兄頼朝に追われた義経主従が平泉にたどり着き、秀衡の出迎えを受けたという情景を再現したものです。

出典: 春の藤原まつり │ イベント │ ひらいずみナビ

秋の藤原まつり

秋の藤原まつりは、11月1日~3日に開催。稚児行列、郷土芸能、中尊寺能、毛越寺延年の舞(えんねんのまい)が美しい紅葉の下に繰りひろげられます。写真は、岩手県、宮城県に伝わる「鹿踊(ししおどり)」と呼ばれる伝統舞踊で、シカの頭部を模した鹿頭をかぶった踊り手が、太鼓を叩きながら、山の鹿のように激しく踊ります。

出典: 秋の藤原まつり │ イベント │ ひらいずみナビ

毛越寺曲水の宴(ごくすいのえん)

庭園の遣水(やりみず)に盃を浮かべ、流れに合わせて和歌を詠む、平安時代の優雅な歌遊びを再現したもの。毎年5月の第4日曜日に、毛越寺境内で催されます。

出典: 毛越寺曲水の宴 | 世界遺産 平泉ゆかりマップ

世界遺産以外も!まだまだあるおすすめ観光名所

平泉町内と周辺の奥州市、一関市のおすすめ観光名所をご紹介します。

高館義経堂(たかだちぎけいどう)【平泉町】

義経の平泉での居館跡。義経はここで最後を遂げたと伝わります。現在、義経堂内には、義経の木像がまつられています。平泉で景観随一といわれるこの場所で、松尾芭蕉は、かの有名な「夏草や 兵どもが 夢の跡」の一句を詠みました。

出典: 岩手・平泉 高館義経堂|義経堂とは

達谷窟(たっこくのいわや)毘沙門堂【平泉町】

「達谷窟毘沙門堂」は、坂上田村麻呂が毘沙門天をまつった岩窟。岩肌に食い込むように建てられた懸崖造りの毘沙門堂は、迫力があります。平安時代造像の「丈六不動明王像(県指定文化財)」や北限の磨崖仏(まがいぶつ)といわれる「岩面大佛」も必見です。

出典: 達谷窟毘沙門堂・別當達谷西光寺トップページ

歴史公園 えさし藤原の郷【奥州市】

秀衡の居館であった伽羅御所(きゃらのごしょ)や無量光院をはじめ、数々の平安時代の建物を再現したスケールの大きな観光テーマパーク。映画や大河ドラマのロケにも度々使われています。華やかなりし当時の平泉に思いを馳せてみてはいかが?

出典: 歴史公園えさし藤原の郷 | 世界遺産 平泉の原点はこの地にある…

猊鼻渓(げいびけい)【一関市】

猊鼻渓(げいびけい)は、北上川支流の砂鉄川沿いに約2kmにわたって続く、国の名勝に指定されているダイナミックな渓谷。舟下りが楽しめます。

出典: 岩手で絶対に行くべき、おすすめ観光スポット5選 [岩手の観光・旅行] All About

厳美渓(げんびけい)【一関市】

猊鼻渓と名前が似ていますが、こちらも、一関市内にある渓谷。栗駒山を原流とする北上川支流の磐井川(いわいがわ)中流にあり、国の名勝・天然記念物に指定されています。「空飛ぶだんご」として知られる「郭公(かっこう)だんご」が名物。

出典: 厳美渓 | 観光スポット | 【いち旅】いちのせき観光NAVI