相続税対策にもなると人気の「教育資金の一括贈与」

信託銀行などで「教育資金贈与信託」を契約する必要あり

正式名称は「教育資金の一括贈与に係る贈与税非課税措置」。30歳未満の受贈者(=贈与を受ける人)の教育資金にあてるため、祖父母などがお金を贈与した場合、1500万円までは贈与税がかからないという制度です。この非課税措置を受けるには、信託銀行などで「教育資金贈与信託」を契約し、入出金のやりとりをする必要があります。対象となるのは平成27年12月31日までに成立した贈与ですが、現在、延長が検討されています。

出典: 教育資金の一括贈与!メリットがあるのはどんな人? [相続・相続税] All About

教育資金贈与信託を選ぶポイントは主にこの3つ

教育資金を引き出せるタイミングがニーズに合っているか

リンク: 教育資金贈与信託、金融機関を選ぶ4つのポイント [学費・教育費] All About

実際に教育資金を引き出すには、領収書などの証明書類を金融機関に提出します。引き出す方法には、領収書の提出時に教育資金が受け取れる「後払い方式」、先に一定額を引き出しておき、後から領収書をまとめて提出する「事前支払方式」などがあります。使い勝手や手続きの手間を考えると、事前支払方式を選べる金融機関のほうがよいでしょう。

金融機関によっては手数料がかかることも

リンク: 2/2 教育資金贈与信託、金融機関を選ぶ4つのポイント [学費・教育費] All About

金融機関によっては、口座開設料や口座管理手数料、払い出し手数料がかかるところも。最長30年は利用することになるので、手数料はなるべくかからないほうが望ましいでしょう。

窓口まで行かなくても手続きができる金融機関だとベター

リンク: 2/2 教育資金贈与信託、金融機関を選ぶ4つのポイント [学費・教育費] All About

領収書の提出や教育資金の引き出しの手続きは、窓口でしか取り扱わない金融機関が多いようです。毎回、窓口まで行くのは大変でしょうし、引っ越しなどで近くに支店がなかったりすると、いっそう不便に。郵送やネットでできるところだと便利です。

主な信託銀行・銀行の教育資金贈与信託

三菱UFJ信託銀行/教育資金贈与 まごよろこぶ

信託金額:10万円以上1500万円まで
管理手数料:なし
払出手数料:なし
手続き:窓口・郵送どちらも可能

出典: 教育資金贈与 まごよろこぶ : トップページ

みずほ信託銀行/教育資金贈与信託(愛称:学びの贈りもの)

信託金額:5000円以上1500万円まで(1円単位)
管理手数料:なし
払出手数料:なし
手続き:窓口のみ

出典: みずほ信託銀行:みずほ信託銀行の教育資金贈与信託 学びの贈りもの

三井住友信託銀行/教育資金贈与信託〈愛称:孫への想い〉

信託金額:5000円以上1500万円以下(1円単位)
管理手数料:なし
払出手数料:なし
手続き:窓口・郵送どちらも可能

出典: 教育資金贈与信託〈愛称:孫への想い〉 | 三井住友信託銀行株式会社

りそな銀行/りそなの「きょういく信託」

信託金額:5000円以上1500万円まで(1円単位)
管理手数料:なし
払出手数料:なし
手続き:窓口・郵送どちらも可能

出典: りそなの「きょういく信託」|おトクなキャンペーン・情報|りそな銀行

三井住友銀行/普通預金(教育資金贈与非課税口)

信託金額:1万円以上1500万円まで(1円単位)
管理手数料:なし
払出手数料:なし
手続き:窓口のみ

出典: 普通預金(教育資金贈与非課税口) : 三井住友銀行