対人賠償の超高額判例は3億8000万円!

3億円を超える対人賠償の高額賠償例も

過去10年間で3億円を超える高額な賠償例が何回も出ています。被害者が死亡したケースだけでなく、後遺障害の場合も。車は危険な乗り物であることが認識できるでしょう。

出典: 相手の方への補償「対人賠償保険」|チューリッヒのスーパーバイク保険

対人賠償の補償は「無制限」に

もしも3億円以上の賠償金が必要になったら……? やはり保険で備えておくべきです。「他人への補償」が目的の対人賠償は、保険金額に上限を設けない「無制限」が一般的。自賠責保険の保険金(死亡時3000万円)では安すぎるからです。

出典: 対人賠償の内容と補償額 [自動車保険] All About

対物賠償でも1億円を超えるケースが!

物損事故でも1億円、2億円を超える賠償金が発生

価格が億を超える車はそう走っていないはず、と思うでしょう。ところが賠償金が数千万円から1億円を超えることは、そう珍しくないようです。賠償の対象となるのは車だけとは限らず、家屋や店舗、電車という例もあります。

出典: そんぽ24自動車保険 - おすすめの補償

対物事故は任意保険でしっかり備えておきたい

そもそも自賠責保険では対物への補償はゼロ。賠償が発生したら自腹です。また、「対物はせいぜい1000万円」と思っていたら大間違い。高額化する対物事故の賠償金、しっかり任意保険で備えておきましょう。

出典: 自動車保険の内容と補償額(対物賠償) [自動車保険] All About

自転車も事故になれば大変!

自分だけでなく、子どもが起こした事故も賠償責任が……

「たかが自転車」では片づけられない大事故が発生しています。しかも大人だけでなく、子どもが加害者になることも。平成25年7月、11歳の小学生が起こした事故で9521万円の賠償命令が出たことも記憶に新しいところです。

出典: 日本損害保険協会 - SONPO | 防災・防犯・交通安全 − 自転車事故と保険

自転車事故、意外な保険が使えるかも!?

自転車による事故で加害者になってしまった場合、やはり頼りになるのは保険です。実は選択肢もいろいろあります。少しのコストで万が一の事態に備えておきましょう。

出典: 「自転車の事故」でどんな保険が役に立つ? [自動車保険] All About