結局は、人間も動物だということでしょうか。

1.生物学的に見て、離婚のピークは結婚して○年目

ニューヨーク大学で恋愛メカニズムを研究するチームによると、恋愛の賞味期限は12~18カ月。さらに離婚がピークに達するのは、結婚○年目…という調査結果もあります。

出典: 恋愛と結婚の賞味期限はどの位? [久野浩司の恋愛コラム] All About

2.男性が「若い女性好き」なのも生物学的理由から

男性は若い女性が好き、と言い切るガイド! でもこれも、遺伝子をつなぐためインプットされたものだとか。それを利用し年上男性を虜にするテクは、記事をチェック。

出典: 2/2 男性が若い女性を好きになるワケ [大木隆太郎の恋愛コラム] All About

3.男性の「浮気」は生物としての本能。では女性は?

子孫を残すため遺伝子をばらまく男性は、浮気をしてもしょうがない…? いえいえ、女性もより強い遺伝子を求めて浮気をする生き物です。男女の浮気のリアルに迫る!

出典: 結婚しても恋愛したい?既婚女性の浮気の実態 [西郷理恵子の恋愛コラム] All About

4.「ナイスバディ」に惹かれるのは、オスの基本!

2、3でも見たように生物としての使命は、繁殖に尽きます。男性が豊かなバストとヒップ、くびれたウエストのナイスバディ女子に惹かれるのも、同じ理由からでした。

出典: 恋が始まらないのはなぜ?(女性編) [島田佳奈の恋愛コラム] All About

5.「倦怠期」も「セックスレス」もホルモンの仕業

恋愛のドキドキ感がずっと続けばいいのに、避けてとおれない倦怠期、やがて訪れるセックスレス…。すべてホルモンの作用によるものでした。レス解消の鍵も生物学にある!?

出典: 4/5 セックスレスと倦怠期の原因は脳にあった [夫婦関係] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項