これを入れれば競合の調査業務が捗ること間違いなし

「Ghostery」ならワンクリックでトラッカーやビーコンなどを検出

GoogleやFacebookなど500以上の広告や行動データに関係する、トラッカーやビーコンなどを検出してくれます。自サイトの設置状況を確認するツールとして優れているのは当然のことながら、競合サイトの調査に活用できるツールです。

出典: Chrome ウェブストア - Ghostery

競合サイトの調査に活用できる「SimilarWeb」

競合サイトのPVやUU、流入状況などのおおまかな情報が確認できるツールです。競合サイトの調査をするときに活用することができる拡張機能です。

出典: Chrome Web Store - SimilarWeb

サクッと使えるマーケティングChrome拡張

短縮カスタムURL&アクセス解析がサクッとできる「Bitly」

短縮URLのChrome拡張機能といえば「goo.gl URL Shorter」が有名です。しかし「goo.gl URL Shorter」だと任意のURLが割り当てられるのでURLに意味を持たせたい場合は使い勝手が悪くなります。URLに意味を持たせたい場合は「Bitly」が適しています。この拡張機能は、最初から簡易的なアクセス解析ツールが設定されています。どれぐらいのユーザーが訪問したかが分かります。

出典: 短縮カスタムURL「Bitly」で効率UP! [Chromeの使い方] All About

「SEO Site Tools」でサクッとサイトのSEOに関係する情報を確認

GoogleとMOZの情報を中心に、今見ているサイトの情報をサクッと表示してくれます。初期の競合調査でざっくりと競合の状況を把握したいときに活用できるChrome拡張です。

出典: Chrome Web Store - SEO Site Tools

市場調査が捗るChrome拡張

情報整理が格段に向上する「Cleary」

定番だけど使い勝手が良いChrome拡張「Cleary」は、今見ているWebページの記事を広告などをなくし、シンプルに読めるようにするツールです。長文のレポートなどをじっくり読みたい時に適しています。

出典: Chrome拡張「Cleary」の効果的な使い方 [Chromeの使い方] All About

情報収集で開きすぎたタブをワンクリックでまとめられる「OneTab」

市場調査などで何かとタブを開き過ぎることも多いと思います。ブックマークするほどでもないんだけど、サクッと記録を残したいというときにピッタリなChrome拡張が「OneTab」です。この機能を使うと、クリックひとつで今開いているタブをまとめてくれます。

出典: Chrome拡張「OneTab」でタブ管理を効率的に [Chromeの使い方] All About

検索結果で最新のマーケティング情報だけを抽出できる「ato-ichinen」

Chrome拡張「ato-ichinen」は、Googleの検索結果を1年以内の物に限定できます。新しい情報だけを探したいときなどに活用できます。

出典: Chrome拡張「ato-ichinen」で情報収集を効率的にする [Chromeの使い方] All About

ダウンロードが履歴が確認できる「Downloads」

クラウド上でファイルなどを管理している方は、ダウンロードしたファイルを使用したあと、すぐにゴミ箱に移動してしまうケースがあると思います。この前ダウンロードしたファイルをまた使いたいというときに過去のダウンロード履歴を一覧で確認することができる拡張機能が「Downloads」です。

出典: Chrome拡張「Downloads」で効率化 [Chromeの使い方] All About

「Evernote Web Clipper」で、調べた情報を簡単に一元管理

Chrome拡張「Evernote Web Clipper」を使えば、オンラインで調べた情報を簡単に一元管理することができます。これで調べた情報が分散せずに見直すときに絶大な効果を発揮します。

出典: Chrome ウェブストア - Evernote Web Clipper

Google検索したキーワードをハイライト表示してくれるChrome拡張

Google検索したキーワードをハイライト表示してくれるChrome拡張「Google検索でキーワードをハイライト表示」。この拡張機能を追加すれば、検索したキーワードをハイライトで表示してくれるため、検索結果が分かりやすく、見やすくなります。

出典: Google検索結果の情報収集をラクにするChrome拡張 [Chromeの使い方] All About