手紙を書く前に

まずはどのくらい、どんなことを伝えるか決めよう

まずは具体的な文例をみるよりも、どんな文章をどんな気持ちで伝えたいかを考え、その分量やペース配分をする必要があります。

出典: 両親やゲストに感動を 花嫁の手紙 [結婚式・披露宴の準備] All About

どんな気持ちを伝えたいかを明確にしたら

基本的には「親への感謝」を伝えるのですから、自分の言葉で十分ですが式の出席者にも聞かれるものですから、日本語の正しい使い方は押さえておきたいものですよね。

出典: 結婚式の花嫁の手紙<文例集>|結婚式の花嫁手紙文例のことならゼクシィnet

実際の手紙を参考にしてみよう

実際に結婚式で読まれた手紙がいくつかピックアップされています。自分で書きたい気持ちはある程度決まっているけど、適量に収まらない時などに有効です。

出典: 花嫁の手紙文例集No.25 たくさんの愛情に包まれて「結婚準備室」

幸せ気分と感謝を伝える

結婚式などの素敵な思い出を本にする会社の例文集。実際に取り上げられたものを基本にしているので、感情もこもったものが書けそうですね。

出典: 【結婚式・花嫁の手紙】書き方と文例集−花嫁の手紙<文例集>

せっかくだから読んだ方がいい?

そもそも、私の結婚式で「両親への手紙」どうする?

なんとなく定番になっている「両親への手紙」ですが、自分の婚礼には必要なのか、一度見つめ直してみるのも一つです。そのうえで「やっぱり書きたい!」と思えば先ほどまでの文例集などを参考にしましょう

出典: あなたは読む、読まない?「花嫁の手紙」 [結婚式・披露宴の準備] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項