まずは基本の形を押さえよう

基本のお悔やみ文は気持ちを込めて

お悔やみの手紙は他の手紙以上に先方がセンシティブになっている時に送るもの。時機を逃さず先方の気持に寄り添う手紙を送りたいですね。

出典: お悔やみの手紙の書き方と文例 [手紙の書き方・文例] All About

すぐに訃報を知り得なかったら

訃報をすぐに知ることができるとは限りません。お世話になった方への追悼の気持ちを形にするには、少し気をつけておきたいことがあります。

出典: 訃報を後で知った場合 [通夜・葬式の弔問マナー] All About

文例集をもとに

お悔やみ文を送る人は大抵、親しい人の家族、もしくは自分がお世話になった人の家族です。心痛を和らげるような文章が書けるといいですね。

出典: お悔やみ | 手紙の書き方

あくまで急ぎの挨拶に留めるならメールも可

本来は郵送するのが一般的なお悔やみ状ですが、故人や送り先との付き合いによっては「すぐにでも伝えたい」という気持ちが伝わります。

出典: お悔やみメール》友人・友達・メッセージ例文/文例・上司・取引先/返信返事

忌み言葉を使わないなどの基本を押さえて

冠婚葬祭に関する文章は特に「使用していい言葉」と「使用すべきではない(忌み言葉)言葉」があります。間違いから失礼になることの無いよう気をつけます。

出典: お悔やみ状:お悔やみの手紙の書き方と例文・文例