お中元・お歳暮のお礼状

【文例】お中元のお礼状

お中元のお礼状文例を、知人へ、妻から義両親へ、妻から会社の上司へ書く場合の3パターンご紹介しています。

出典: 2/2 お中元の送り状・お礼状 ポイントと文例集 [結婚式・披露宴マナー] All About

【文例】お歳暮のお礼状

自分の結婚式でお世話になった方へのお礼状

お礼状を出しておきたい相手は?

媒酌人ご夫妻、スピーチをしていただいた方、乾杯の発声をしていただいた方、式に出席してくださった恩師、遠方から出席してくださった方などには結婚式後にお礼状を出しておきましょう。

結婚式・披露宴には出席できなくても、電報をいただいた方、お祝いをいただいた方にも、感謝の気持ちを込めてお礼状を書きましょう。

出典: 2/3 手書きの手紙でお礼状 [結婚式・披露宴の準備] All About

【文例】結婚披露宴で主賓スピーチをしてくださった方へのお礼状
【文例】結婚式・披露宴に出席してくださった恩師へのお礼状
【文例】遠方から結婚式・披露宴に出席してくれた友人へのお礼状
【文例】祝電のお礼状
【文例】結婚のお祝いをいただいた方へのお礼状
【文例】内祝いに添えるお礼状

結婚式・披露宴にご招待できなかった方からお祝いをいただいたら、お返しの品を送るのがマナー。品物だけではなく、きちんとお祝いのお礼状も書きましょう。

出典: 3/3 【結婚の内祝い】贈るマナーとお礼状 [結婚式・披露宴マナー] All About

出産祝いのお礼状

【文例】出産祝いのお礼状

夫が書く場合、妻が書く場合、硬めの文例、親しい相手に送る柔らかめの文例、など4パターンの文例を紹介しています。

出典: 出産祝いのお礼状:文例集と基礎知識│結婚塾

入学・卒業祝いのお礼状

【文例】入学祝いのお礼状

中学生以上になったら、ぜひ本人からもお礼状を書きましょう。親が書く場合、子供が書く場合、2パターンの文例を紹介しています。

出典: 入学祝いのお礼状 | 手紙の書き方大事典

【文例】入学祝いのお礼状(親から親戚へ)

近い親戚や親しい間柄の方へ親が書く場合のお礼状の文例です。上のものより少しやわらかい表現になっています。

出典: 子どもの入学祝いのお礼状(叔父へ) | 手紙の書き方

【文例】卒業・就職祝いのお礼状

お見舞いのお礼状

【文例】入院お見舞いのお礼状
【文例】親へのお見舞いのお礼状(娘・息子が書く場合)

親が入院してお見舞いをいただいたお礼の手紙を、本人に変わって娘・息子が書く場合の文例です。

出典: 2/2 災害、病気見舞いへのお礼状の書き方と文例 [手紙の書き方・文例] All About

ビジネスのお礼状

ビジネスのお礼状の基本構成

お礼状の基本構成は下記の順で書きます。

1:頭語……「拝啓」、「前略」など
2:時候のあいさつ……「盛夏の候」など
3:安否のあいさつ……「ますますご健勝のことと、お喜び申し上げます。」など
4:感謝のあいさつ……「平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。」など
5:本題……「さて、このたびは~」
6:結びのあいさつ……「とりいそぎお礼まで。」など
7:結語……「敬具」、「草々」など

出典: ビジネスでのお礼状マナー [ビジネスマナー] All About

【文例】お中元のお礼状(ビジネス)
【文例】お歳暮のお礼状(ビジネス)
【文例】訪問・打ち合わせ後のお礼状

営業先への訪問後、お礼状を出すと好感度もグンとアップします。きちんとお礼状を書いて、次のチャンスにつなげましょう!

出典: お礼のはがき》お礼状/手紙/書き方文例/例文/宛名/贈り物/ビジネス/お土産

【文例】新規取引先へのお礼状

新規取引先を開拓できたら後は知らんぷりはイメージダウンにつながりかねません。お取引までこぎつけたなら、もう一度お礼状で感謝の気持ちと熱意を伝えましょう!

出典: 企業様へのお礼(新規取引先の方へ)【ビジネス/フォーマル】 | 手紙の書き方

正しい日本語を文例でおさらい

頭語と結語の正しい組み合わせ

頭語を「拝啓」とした場合は、結語は「敬具」など、頭語と結語の組み合わせには決まりがあります。正しい組み合わせをリンク先記事にまとめています。

出典: 頭語と結語の組み合わせ [手紙の書き方・文例] All About

正しい敬語、使えていますか?

丁寧に感謝の思いを伝えようとするあまり、二重敬語を使ったりしていませんか? 恩師に送る手紙なら採点付きで返信されてしまいかねません。よくある間違った日本語の使い方をいくつかピックアップしていますので、お礼状を書き始める前にチェックしてくださいね。

出典: 「~させていただきます」この使い方って間違い? [手紙の書き方・文例] All About

相手の敬称など、間違っていませんか?

せっかくお礼の言葉がうまく書けても、手紙の基本がなっていなければ先方への気持は薄らいでしまいかねません。「様」「殿」など敬称の使い分け、書き方を今一度見直しておきましょう!

出典: 間違っていませんか?様・殿など敬称の使い分け [手紙の書き方・文例] All About