どんな批判が起こったのか?

妻の家事ハラ白書 | ヘーベルハウス

ことの発端はこちら。家事に関する夫婦の意識の変遷など、25年におよぶ貴重な調査結果も掲載されています。「家事ハラ」という新語で注目を集めつつ、主旨としては、共働き夫婦がともに家事をしやすい家造りの提案なのですが……。

出典: 妻の家事ハラ白書 | ヘーベルハウス

「家事ハラ」は「産後クライシス」へのカウンターパンチか!?

たしかに妻の余計なひと言が夫のやる気を損なうことはありますし、そういう余計なひと言をいってしまうという行為自体はよろしくありません。しかし、「こんなことをいわれるからやる気をなくすんだよ」と妻のせいにしておしまいというのは大人げありません。

出典: 「産後クライシス」へのカウンターパンチ「家事ハラ」 | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)

「夫の家事は手伝いじゃない」「指導はハラスメントなのか」

「妻の家事ハラ」の定義や調査内容について、「『家事は妻が行うもの』だということを前提にしている」「夫が家事を行わないのは妻に問題があるとの誤解を与えかねない」などの理由で問題視する声がいくつも上がり、波紋を広げることとなった。

出典: 全文表示 | 夫が受ける「妻からの家事ハラ」調査にネットで批判 「夫の家事は手伝いじゃない」「指導はハラスメントなのか」 : J-CASTニュース

「妻の家事ハラ」広告はなぜ集中砲火を浴びたのか?

世間の批判が集中したのには、「家事ハラ」に関する世間の認識を、広告制作側が読み間違えてしまった影響が大きいように思える。騒動の経緯を検証しながら、今の日本における「男女の家事・労働シェア」にはどんな課題があるのかを、考えてみよう。

出典: 「妻の家事ハラ」広告はなぜ集中砲火を浴びたのか?世間が納得できない家事・労働シェアの空論と現実|News&Analysis|ダイヤモンド・オンライン

「妻からの家事ハラ」に女性たち+まともな男性が怒る理由

旭化成ホームズの調査「妻からの家事ハラ」。電車内広告が大々的に展開されていますが、働く女性、主婦そして、ちゃんと家事分担した経験のある男性は不快に思っています。その理由を解説します。

出典: 「妻からの家事ハラ」に女性たち+まともな男性が怒る理由。このままだと“逆マーケティング”に(治部れんげ) - 個人 - Yahoo!ニュース

オトコの家事は“お手伝い”程度なのに「家事ハラ」だと!?

「手伝う」と言っている時点ですでに他人事。「本来自分がやるべき仕事ではない」と思っているわけです。男性は外での仕事が「自分の仕事」であり、家事や育児はあくまで「お手伝い」。この認識の差が様々なすれ違いを産んでいるわけです。

出典: オトコの家事は“お手伝い”程度なのに「家事ハラ」だと~!? 甘えんな! | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)

何でもかんでも「ハラスメント」と言い過ぎていないか

確かに、相手から不快な思いを感じたら、それはハラスメントかもしれません。あくまでその人の感じ方次第だからです。それでも、最近少し「ハラスメント」という言葉が濫用され過ぎていないだろうかと思います。

出典: 今度は「家事ハラ」……何でもかんでも「ハラスメント」と言い過ぎていないか | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)

元祖「家事ハラ」はどんな意味だったのか?

『家事労働ハラスメント』の鋭い指摘

「家事ハラ」騒動で一躍注目を浴びた、竹信三恵子さんの『家事労働ハラスメント』を読んだ。決して一方的に女性の権利を主張するようなフェミニズム的な書籍ではない。不公正な家事分担について、客観的な視点から構造的な問題の指摘をしている。

出典: 『家事労働ハラスメント』を読んで

“リアル家事ハラ”はどんな内容なのか

元々、著者の竹信三恵子さんがこの言葉で提起した問題は家庭内での男性と女性の家事の分担の話ではない。家事労働の蔑視、無視、排除などの嫌がらせがワーキングプアを生み、待機児童を生み、サービス業のブラック化を生むというようなことが書かれている。

出典: “リアル家事ハラ”はどんな内容なのか | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)

「家事ハラ」騒動の「正論」の中にある違和感

妻が専業主婦なら夫が家事しないってあり?

「妻が専業主婦ならともかく、妻もフルタイムで働いているなら夫が家事を手伝っている感覚というのはおかしい」というような言い回しに違和感を覚えた。妻が専業主婦だって夫も家事をする、夫が専業主夫だって妻も家事をするというのが前提であるはずだ。

出典: 妻が専業主婦なら夫が家事しないってあり? | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)

専業主婦を議論の外に置いたままでは、サラリーマンも幸せになれない

「妻が専業主婦であっても夫も家事も育児もするのが当たり前。家事も育児もまるでできないくらいに仕事をしている状態というのがそもそも人間の生活としておかしいのだ」という認識がもっと広まらなければ、たぶん日本の長時間労働の前提は変わらない。

出典: 専業主婦をdisっていては、サラリーマンも幸せになれない | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)

「家事ハラ」騒動から「当事者(夫婦)」は何を学ぶべきか?

家事ハラについて、まるっと整理してみました。

うまくいっている夫婦というのは、お互いに言いたいことをいいながら、相互理解にこそエネルギーを傾ける。しかしうまくいっていない夫婦というのは、お互いに自分の主張を通すために相手を打ちのめすことにエネルギーを傾ける。

出典: 家事ハラについて、整理してみました。 | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)

やってもやっても男の家事が認められないときにはどうすればいいか?

人の行動に対する評価は、物理的に何をしたかではなく、行動した人と評価する人の関係性に大きく影響されるわけです。「やってもやっても認められない」と不満を感じているなら、明日から「愛される夫」を目指してみましょう。

出典: 男の家事「やってもやっても認められない」? | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)

「家事ハラ」だなんて、冗談じゃないよ!

世界中(?)の働く母のいちばんの悩み、「夫が家事を手伝う気がない」問題について、元リクルート“最強の母”堂薗稚子さんがお答えします。

出典: 「家事ハラ」だなんて、冗談じゃないよ! | 堂薗姐さんに聞け!キャリア女の人生講座 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

Man in the Mirror まずは自分から

過去と他人は変えられません。しかし未来と社会を変えることはできます。過去と他人に対しては「自分」は影響を与えることができないけれど、未来と社会に関しては「自分」はその一部であり「自分」が変われば全体にも影響をおよぼすことができるから。

出典: Man in the Mirror まずは自分から | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項