「ヨコトリ2017」は11月5日まで! 会場は横浜美術館、横浜市開港記念会館、横浜赤レンガ倉庫1号館

【ヨコトリ2017】展覧会タイトルは「島と星座とガラパゴス」!?

横浜で3年に一度開催されている現代アートの国際展「ヨコハマトリエンナーレ2017 島と星座とガラパゴス」が8月4日に開幕。今回は「接続」と「孤立」をテーマに、相反する価値観が複雑に絡み合う世界の状況をふまえて、約40組のアーティストのさまざまな作品が展示されます。開催は11月5日まで。

出典: ヨコハマトリエンナーレ2017開幕!見どころと楽しみ方 [横浜の観光・旅行] All About

【ヨコトリ2017】展覧会コンセプトや第一弾参加アーティストが発表

2017年4月の記者発表会で、展覧会コンセプトが発表。「横浜の歴史や横浜らしさ」を意識し、美術だけではなく他方面の専門家の協力を得て、対話、協議を重視した、これまでとは異なる方法で準備をすすめていることや、展覧会、構想会議、さまざまな分野の専門家が円卓を囲むように対話・議論を重ねるヨコハマラウンドを三位一体として展開すること、第一弾参加アーティストなどが発表されました。

出典: 横浜らしさを意識─現代美術の国際展「ヨコトリ2017」出展作家を発表 - All About NEWS

「ヨコトリ」の輝かしい歴史をプレイバック!

【ヨコトリ2001】 第1回はビッグなアーティスト多数!

記念すべき第1回のヨコハマトリエンナーレは2001年に開催。主会場はパシフィコ横浜でした。第1回にふさわしく、ビッグなアーティストが多く参加しました。

出典: 駆け足で見る横浜トリエンナーレ [横浜の観光・旅行] All About

【ヨコトリ2001】 イベントシンボルに巨大バッタが出現

第1回のヨコハマトリエンナーレで話題になったのがヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルの壁面に登場した「巨大バッタ」でした。その作品『飛蝗(ひこう)』が生まれた背景を探ったドキュメンタリーです。

出典: 巨大バッタ、再び空へ!<1> [横浜の観光・旅行] All About

【ヨコトリ2005】 第2回は……まさかの4年後に開催

「3年ごと」という意味のトリエンナーレですが、2回目が開催されたのは4年後の2005年でした(汗)。山下ふ頭の倉庫をメイン会場とし、「アートサーカス(日常からの跳躍)」をテーマに、屋外も使った大きな作品や体験型の作品が多かったです。

出典: 現代アートの祭典、横浜トリエンナーレ2005 [横浜の観光・旅行] All About

【ヨコトリ2008】 純和風の会場と現代アートが奇跡の融合

2008年の開催ではサブ会場として三溪園が使われました。「純和風」の会場と現代アートの融合は、斬新でした。

出典: 横浜トリエンナーレ2008三溪園も見逃すな! [横浜の観光・旅行] All About

【ヨコトリ2011】 初めて横浜美術館が主会場に!

第4回目の開催にして、初めて横浜美術館が主会場のひとつになりました。タイトルは「OUR MAGIC HOUR─世界はどこまで知ることができるか?─」。横浜美術館が収蔵する作品と現代アートのコラボが印象的でした。

出典: 3年に1度、横浜で開催!ヨコハマトリエンナーレ2011 [横浜の観光・旅行] All About

【ヨコトリ2014】アーティスティック・ディレクターは美術家・森村泰昌氏

第5回目となる「ヨコハマトリエンナーレ2014」はアーティスティック・ディレクターとして美術家・森村泰昌氏が就任。タイトルは「華氏 451の芸術:世界の中心には忘却の海がある」。横浜美術館のど真ん中に巨大なゴミ箱が登場したり、トレーラーが舞台に変身したり……。忘却巡りの旅の終着点には何が待つ?

出典: 3年に一度、横浜で開催! ヨコハマトリエンナーレ2014 [横浜の観光・旅行] All About

【ヨコトリ2014】開催までの経緯:展覧会タイトルが発表

展覧会タイトルが発表された、2013年5月の記者会見のレポート。この時初めて内容について発表されました。開始後に読み直しても、「軸」がまったくぶれていないことがよくわかります。

出典: ヨコハマトリエンナーレ2014:展覧会タイトル発表 - 横浜ウォッチャー