部屋を狭く見せる5つの理由とは

理由1:多くの色を使っている

カーテンやダイニングセット、ソファなど、家具やファブリックに多くの色を使っていると、雑然として見えます。淡い色をベースカラーとして、アクセントカラーを決め、1~2色程度に色数を抑えましょう。

出典: 狭い部屋を広く見せるコツ5カ条 [部屋探し・家賃] All About

理由2:無理にダイニングセットとソファを置いている

部屋の広さによっては、ダイニングセットとソファの両方を置くのは無理があります。LDセットとして兼ねることで、スペースに余裕が生まれます。

出典: ラウンジスタイルでリビングダイニングの狭さを解決! [インテリアコーディネート] All About

理由3:家具の高さがバラバラ

家具の高さや奥行きがバラバラだと、雑多な印象を与え、部屋が狭く見えがちです。高さや奥行きの異なる家具は離して置くようにし、家具を買い足すときは、手持ちの家具にサイズを合わせましょう。

出典: 2/2 狭い部屋を広く使える、見せるレイアウトのコツ [一人暮らし] All About

理由4:収納が使いにくく、片づけにくい

使いにくい収納では、部屋が散らかりがちです。取り出しやすく、しまいやすい、片づけやすい収納がある部屋であれば、狭い部屋でもスッキリと暮らせます。

出典: 3/3 狭くてもスッキリ。一人暮らしお片付けスタイル [一人暮らし] All About

理由5:不要なモノを捨てられない

使わなくなったモノ、不要なモノをいつまでも捨てずにとっていては、部屋はモノであふれてしまいます。余計なモノは買わないことも大切ですが、期限を決めて、不要なモノは処分しましょう。

出典: 2/2 狭い部屋を広く見せるコツ5カ条 [部屋探し・家賃] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項