家計:50代のうちにギアチェンジして危機を回避

それほど贅沢はしていないのに、一般的な50代家庭で、貯蓄がつるべ落としのようになくなっていくことがあるそうです。定年後に、こんなはずではなかったと嘆かないですむよう、今のうちに家計を見直してギアチェンジしましょう。

50代は「家計の曲がり角」!?

一般的な50代の家庭が「家計クライシス(危機)」に直面しています。気づかずに何の手立ても講じないでいると、老後は真っ暗!? 家計の破たんを防ぐため、今のうちにできることをチェックをしましょう。

出典: 50代に忍びよる「家計クライシス」にご用心! [家計簿・家計管理] All About

生命保険:保障は必要最小限に

子どもたちも大きくなって、死亡保障の必要性が低くなる50代。生命保険の見直しで死亡保障を減らして老後資金の貯蓄にするもよし、医療・介護保障を充実させるのもよしです。

定年まであと10年前後。万が一のときの保障は減らしてOK

マネープランが節目を迎える50代。子どもたちの成長に伴って必要性が低くなっている死亡保障を減額しましょう。必要のないものにお金(保険料)を払い続けるのは禁物ですよ。

出典: 老後に備える生命保険 [生命保険] All About

住宅ローン:繰上返済をして定年までに完済を

定年退職までに住宅ローンは完済したいものですが、そうはいかない家庭も見受けられます。定年退職後の生活を少しでもラクにするには、繰り上げ返済が有効かもしれません。繰り上げ返済の方法を知っておきましょう。

繰上返済の方法には5つのパターンがある

住宅ローン残高を減らす1つの方法が繰上返済。繰り上げ返済と一口に言っても、いろいろな方法があります。定年前の家庭向きの方法はどれ?

出典: みんなどうしてる?繰上げ返済5パターン [住宅ローンの借り換え・返済] All About

資産運用:安全な貯蓄だけでなく投資も取り入れて

50代までは使う目的のあるお金ばかりで、貯蓄はもっぱら安全な金融商品という家庭も多いでしょう。そんな家庭は、そろそろ、お金にも稼いでもらうことを考えましょう。資産運用のやり方をチェックしておいて。

資産運用はこの3ステップで始めよう

資産運用を始めるには、それなりの準備が必要です。どんな準備をすればいいか、3つのステップでご紹介します。まずやるべきことは、今保有している金融資産のたな卸しです。

出典: 資産運用を始める前の3つのステップ [資産運用] All About

人間関係:ご近所付き合いのベースを作っておこう

退職後の人間関係は、定年うつや孤立を防ぎ、介護を受ける期間を短くする、つまり、お金がかかる状態を後ろ倒しにできるという意味で重要です。50代のうちに地域デビューをして、ご近所づきあいなどのタネをまいておきましょう。特に、会社人間の男性には必須ですよ。

人との付き合いがお金にも影響する!?

退職後の有り余る時間をもてあまし、病気になったり要介護にならないよう、近所や友だち付き合いを再開するなどしましょう。人付き合いが活発なら、元気でハリのある生活ができ、結果的に医療・介護費用を減らせるはずです。

出典: 2/2 老後の不安を軽くする3つの考え方 [定年・退職のお金] All About