1. 傷を「克服」してこそ、いい恋愛に出会える

恋愛中に訪れる数々のピンチを乗り越えてこそ人として成長し、女性として花開き、いい恋愛ができます。傷つきたくなくて殻に閉じこもっていては、その機会がありません。

出典: ピンチと恋愛の相関関係 [アラサー女子向け恋愛コラム集] All About

2.「バリア」を張られると男性は近づきにくい

相手が踏みこんでくる前に、バリアを張って傷つかないよう防御する女性。男性側は「プライベートに入ってきて欲しくないんだな」と門前払いされた気分になるようです。

出典: 30代の女子がぶつかる恋の悩みTOP5 [山口佐知子の恋愛コラム] All About

3. 自分から誘えず、「受け身」になるしかない

彼に連絡したいけど、断られたりして自分が傷つくのがイヤ……。こうなると誘われるのを、待つしかありません。自分を守りながら彼と繋がれる方法を、ガイドが指南!

出典: “迷った時は1分電話”で恋に火をつける! [潮凪洋介の恋愛コラム] All About

4. 臆病になり守りに入るため「縁」が遠ざかる

守りの姿勢をキープしているかぎりは、積極的に異性と交流できず、縁を逃すばかり。臆病な自分から、行動できる自分へと変わるための方法は記事をチェックしましょう。

出典: 5/5 出会いの場で恋を掴む方法 [ひかりの恋愛コラム] All About

5.「距離」が縮まらず深い関係になれないまま

男と女はときにぶつかり合い、傷つけ合いながらお互いを理解していきます。傷つくことを怖がって、それを避けているうちは、ふたりの距離が縮まる日は来ないでしょう。

出典: 2/3 誰にでもなれる“恋愛体質”って? [アラサー女子向け恋愛コラム集] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項