ツールを使って診断&早急にバックアップ

風邪をひいたかな? という時、多くの人がまず熱を測って症状を診断するように、ハードディスクの異音に対してもまずは診断するのが得策。そのうえでイザというときに備えてバックアップを取るようにしましょう。

出典: ツールを使って診断し、早急にバックアップをとる [PC周辺機器] All About

安心・安全、メーカーや業者に依頼

正直な話、ハードディスクから異音がした時点で、素人にはどうにもできない可能性が高い。前項と同じ例えで恐縮だが、風邪をひいたとき医者へ行くように、ハードディスクの異音に対してもヘタに自分でなんとかしようとせず、専門家へ任せるのがいちばん簡単で安全と言えるだろう。

出典: 自分で何とかしようとせずメーカーや業者等に依頼する [PC周辺機器] All About

どうやら壊れているらしい……ことがわかったら

論理障害か物理障害かを見極める

ハードディスクが認識されない場合、原因は大別して部品の故障などによる“物理障害”と、記録データやシステムファイルの破損によって起こる“論理障害”のふたつに分わけられる。前者の場合はほぼ打つ手なし。しかし、後者の場合はまだ復旧の可能性は残されている。

出典: 論理障害なら手を打てる場合あり、物理障害なら修理へ [PC周辺機器] All About

HDDを交換する前に、ケーブルを交換してみるのも手

ハードディスクの増設や交換を何度かしていた場合、ケーブルが断線している可能性も考えられます。慌てて交換する前に、まずはケーブルを交換してみるのもいいかもしれません。

出典: ハードディスクの交換の前に。 - All About Good Answers

どうしてもデータを復旧したいときには

PCから取り出して外付けHDDにしてみる

手軽なトライとしては、HDDを取り出して外付けHDDとして他のPCへ接続してみる方法。もしドライブが認識されれば、そこから必要なデータをコピーすることができます。ただし、認識できる可能性は非常に低いそうです。

出典: 外付けHDDにして、チェックディスクを行う [PC周辺機器] All About

復旧ソフトを利用すれば助かる可能性は高い!

物理障害ではなく論理障害の場合は、復旧ソフトを利用することでデータの救出が可能なこともあります。ここでは定番の「Partition Wizard Home Edition」を使ったケースをご紹介。

出典: 論理障害なら手を打てる場合あり、物理障害なら修理へ [PC周辺機器] All About