第1回:あなたは、なにを撮り続けたいですか?

ゆっくりと写真そのものを学んでみたい、長く写真の趣味を楽しみたい、そんな方への写真講座の第1回。撮り続けたい被写体やテーマを持っていることがこの先長く写真を楽しめる礎になります。

出典: スローな写真講座第1回:なにを撮りますか? [写真撮影] All About

第2回:どの部分を切り撮るかで自分を表現する

デジタルカメラの機能の進化により、だれでもきれいな写真を撮ることが簡単になりました。しかし、どこを撮ろうかと考える部分が撮影の面白みであり自分らしさを表現するところなのです。

出典: スローな写真講座第2回:どこを撮りますか? [写真撮影] All About

第3回:光を意識することで、撮りたいように撮ることができる

写真撮影に欠かせない要素のひとつ「光」について考えてみましょう。写真の表現力を上げようとするのであれば、光がきれいに当たっているだけでは十分とは言えません

出典: スローな写真講座第3回:光を意識してますか? [写真撮影] All About

第4回:シャッターチャンスへの準備をする

写真の楽しさは目の前にある一瞬の表情をとらえるところ。動いている物を撮影する場合はすべてシャッターチャンスがキーポイントになります。

出典: スローな写真講座第4回:準備はできてますか? [写真撮影] All About

第5回:被写体の動きを見極める

被写体がブレて写ってしまったという経験があれば、被写体の動きは写せるということに気付いているでしょう。被写体の動きをコントロールできるようになりましょう。

出典: スローな写真講座第5回:動きを意識してますか? [写真撮影] All About

第6回:自由自在にピント合わせをするために

ピント合わせはオートフォーカスを使えば大丈夫と思ってませんか?マニュアルも組み合わせつつ、自由自在にピント合わせができるようになることが写真上達の第一歩です。

出典: スローな写真講座第6回:ピント合わせしてますか? [写真撮影] All About

第7回:イメージに合った明るさにするために

写した写真の明るさが見た目と違っているということはよくあること。イメージに合った写真を撮るために、明るさを自在に操れるようにしておきましょう。

出典: スローな写真講座第7回:明るさ変えられますか? [写真撮影] All About

第8回:レフ板の使い方・準備方法

レフ板をしようするとプロっぽく見え、実際に写真の見栄えも上がります。100円グッズでレフ板を作る方法も紹介しています。

出典: スローな写真講座第8回:レフ板って知ってますか? [写真撮影] All About

第9回:色味を適正に写そう

画面全体が黄色く写ったり、青っぽい写真になった経験がある方も多いでしょう。色味が適正に写されないと思いのままの写真を撮れません。

出典: スローな写真講座第9回:ホワイトバランスとは? [写真撮影] All About

第10回:ピントを意図的にぼやけさせた「背景ボケ」の撮り方

「絞り」を意識することで、簡単に背景をぼかした写真を撮ることができます。雰囲気をコントロールする背景ボケも含め、すぐに出来る簡単なテクニックを解説しています。

出典: スローな写真講座第10回:背景ボケ作れますか? [写真撮影] All About