1.男性側は家庭的な女性をそれほど「求めていない」

自分でも家事をある程度できる男性が多い昨今、家庭的な女性でなければダメという人は多くない、とガイドが指摘。それよりも、社会性がある女性が求められています。

出典: 結婚適齢期の男達の本音(前編) [婚活・お見合い] All About

2.「見え透いた」アピールに、男性は引っかからない

「得意料理は肉じゃが!」とアピールしても、めんつゆ1本でできてしまうカラクリは、男性にとっても周知の事実。その程度でガツガツ売り込んでは、男性も白けます…。

出典: メールで!話し方で!恋を盛り上げよう!! [話し方・伝え方] All About

3.「リッチな男性」は特に女性を家政婦として見ない

経済的に余裕がある男性には、このアピールは特に効きません。家事を外注=家政婦を雇えるくらいリッチなので、結婚相手となる女性には別の要素を求めるということです。

出典: 2/2 年収1000万円以上の男性が考える結婚相手の条件 [大木隆太郎の恋愛コラム] All About

4.家庭的じゃなくても「結婚したい」要素は多くある

家事ができるか否かより、男性にはもっと優先したいことがあるという説。それよりも自分の家族との関係性や、友人・知人とのつき合い…「覚悟」を見たいのだといいます。

出典: 覚悟 - All About Good Answers

5.家事完璧アピより「ギャップ」が男心をくすぐる!

最初から料理などの家事を完璧にできるところを見せるより、「苦手なんだけど…」といいつつ、それでも懸命にトライしている姿を見せるほうがギャップがあって効果大!

出典: 2/2 外見と中身のギャップで損する人・得する人 [恋愛] All About