1.好きな相手に「振り向いてもらえない」

このタイプの女性から猛プッシュされても、恋に恋しているだけで、ほんとうに自分を好きではないことは、相手の男性にもわかります。彼が振り向くことはありません。

出典: 恋に恋するあなたの不幸グセ [アラサー女子向け恋愛コラム集] All About

2.舞い上がり「彼の欠点」が見えなくなる

好きな相手を前にすると舞い上がり、恋愛フィルターがかかるため、彼の欠点が見えなくなります。時間が経ち冷静になると勝手に幻滅する…までが、お決まりのパターン。

出典: 2/2 恋の五月病にご用心! [島田佳奈の恋愛コラム] All About

3.刺激的な「不倫の関係」にハマリやすい

不倫の恋は、ときにフツウの恋より刺激的で盛り上がるもの。ドラマチックな恋に憧れる女性がどっぷりハマるのも道理です。特に飽きっぽい性格の人は、よく気をつけて!

出典: あなたは大丈夫?こんな特徴は不倫の兆候! [永瀬久嗣の恋愛コラム] All About

4.相手に「息苦しさ」を感じさせてしまう

恋の相手は自分にとってアイドルのような存在。どこか現実味がないから、相手にも一方的に理想を押しつけられているような息苦しさを与えます。恋に臆病な女性の傾向。

出典: 2/3 恋愛遍歴で分かる、今の自分、未来の幸せ [アラサー女子向け恋愛コラム集] All About

5.「理想が高く」なり現実と折り合わない

「恋愛とはこうあるべき」と思い込み、非現実的な王子様像を思い描く傾向があります。高すぎる理想はいったん捨て、リアルに恋して経験値をあげるのが、唯一の解決策!

出典: 6/6 “占い好きな女”は理想が高く恋愛ベタ? [恋愛] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項