1.自分が悪いと知っているのに「謝れない」男

プライドが高く、ケンカのときに自分に過失があったとわかっていながら「ごめん」と謝れない男。意地を張るばかりの人とは、コミュニケーションをとるのがしんどい…。

出典: ドン引き!恋愛初期に犯しがちなタブー集 [島田佳奈の恋愛コラム] All About

2.「カッコつけるのに必死」で場を読めない男

飲み会で自分をよく見せるのに必死で、空気も読めないし、女性にも気を遣えない男は、ちょいダメ男認定。いつでも自然体な人がいちばん。ヒドイ男の実例をチェック!

出典: モテる男とモテない男の境界線 [アラサー女子向け恋愛コラム集] All About

3.ベッドの上でも「自分にうっとり」なナル男

ふたりで楽しもうという気持ちも、彼女をよろこばせたいという心遣いも一切ナシ。ベッドサイドの鏡に映る自分自身に見とれるナルシスト男…。一緒にいるだけで疲れます。

出典: 2/4 ベッドの上で見るタイプ別男子の傾向と対策 [西郷理恵子の恋愛コラム] All About

4.相手の会話を「否定」して、持論を語る男

好きな女子の前で、コレをする男性は以外と多い…。なんでもかんでも否定する目的は、そこから持論を展開して“俺のすごさ”をアピールすること。つき合いきれません。

出典: 3/4 モテる男とモテない男の境界線 [アラサー女子向け恋愛コラム集] All About

5.「自分の都合」最優先で誘いをかけてくる男

こちらの都合を考えて誘ってくる「マメ」な男性は○。困るのは、「じゃあ来週は? 平日の夜は?」と自分のことしか考えずに約束を取り付けようとする男。身勝手すぎ!

出典: モテる「マメンズ」と嫌われる「しつこい男」の違い [桜井結衣の恋愛コラム] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項