強い日差し、汗や皮脂で化粧崩れを起こしやすい季節。真夏のメイク崩れを少しでも防ぐために、今すぐ実践できる簡単テクニックをご紹介します。

テカリ&メイク崩れを防ぐテクニック×5

1.まずは保湿をしっかり

油分が不足した肌は、水分を逃がさないようにと皮脂をたくさん分泌して自らを守ろうとします。ベタつきを嫌って保湿をおろそかにすると、かえって化粧崩れを招くことに。ベタつきがニガテなら、使用感がさっぱりしている保湿ジェルなどを活用してみて。

出典: ベタつく夏はジェルで快適保湿 [ビューティティップス] All About

2.首の後ろを冷やす

化粧崩れの原因の一つが、毛穴からジワジワとにじみ出る汗。顔の汗を引かせるには、大きな動脈やリンパが通っている首筋を冷やすのが効果的。ハンカチでくるんだ保冷剤や涼感スカーフを上手に活用すれば、メイクがドロドロになるのを防げます。

出典: 化粧崩れにもう悩まない!簡単に汗を抑える4つの方法 [スキンケア] All About

3.ベースメイクは極力薄く

ベースメイクは厚ければ厚いほど崩れやすく、さらに崩れるとドロドロになって目立ってしまいます。朝の時点ではできる限り薄く仕上げておくのが得策!

出典: 2/2 CAも実践!長時間崩れないベースメイクのコツ3つ [化粧品・コスメ] All About

4.仕上げにスポンジでパッティング

ファンデーションを肌に伸ばしたら、何もついていないスポンジで顔全体を軽くパッティング。ヨレや余分な皮脂をオフしながら肌に密着させましょう。このひと手間で、化粧持ちがグンとアップしますよ。

出典: 90秒で完成!時短メイク術・ベースメイク編 [時短美容] All About

5.パウダーファンデ派は「水あり」使いにトライ

「水あり」使いとは、スポンジに水を含ませた状態でファンデーションを塗布する方法。ファンデーションがクリーム状になり、肌への密着度が高まって崩れにくくなります。ひんやりとした感触で快適にメイクできるのもうれしい!

出典: 6/20 時間がなくてもキレイになれる!小ワザで時短&ながら美容 [スキンケア特集] All About