小遣いの意味と立ち位置

そもそも小遣いとは何でしょうか。また、なぜ必要なのでしょうか。家族と小遣いの関係を円滑するために、まずは、小遣いの存在意義と家計の中での立ち位置を考えてみましょう。

小遣いってなぜあるんでしょうか?

皆さんの家計において「小遣い」はどんな存在ですか? すっかり放置した状態でしょうか、あるいは絶えず切り詰めの対象になっているでしょうか。ちょっと異質な存在のこの支出、その本質をカリスマFPが紐解きます。

出典: 家計の中に小遣いは必要なのか? [お金を貯める体質改善ノート] All About

夫の活力は小遣いで決まる!?

小遣いの上げ下げにもっとも影響を受ける「生物」は夫でしょう。下がれば、涙ぐましい努力でやりくりし、値上げを勝ち取れば居酒屋で祝杯。そんな夫と小遣いの関係を、適性額や増税後の対応、取り扱いの注意点などでまとめてみました。

夫の小遣いはいくらが妥当かを考える

夫のこづかいに関するアンケート調査は数々ありますが、総じて言えることはリーマンショック以降、下降したままということ。サラリーマンの昼食代が1回500円以下という、地を這うような低水準は妥当なのでしょうか?

出典: 夫の小遣いは給料の0.5~1.5割程度が目安? [マネーワイドショー講座] All About

消費増税アップ=夫の小遣いアップ?

消費税アップを世間は騒いでいますが、もっとも打撃を受けているのは世の夫かもしれません。小遣いが上がらなければ、実質目減りを意味するからです。しかし、家計は緊縮方向のまま。この状況をどう打破すべきでしょうか。

出典: 消費増税で夫のこづかいは上げるべき? 下げるべき? [家計簿・家計管理] All About

実はデリケートな妻の小遣い

ある意味、夫より扱いが難しいのが「妻」の小遣いかもしれません。収入の有無でも考え方は変わってきますし、家計管理をする立場としては、自分の小遣いが無駄遣いに思えてしまう場合も……。そこで、そんなモヤモヤをスッキリするヒントを紹介します。

妻の小遣いの現状と考え方

何となく当たり前となっている夫の小遣いとは違い、働き方や家計によって、額が大きく変わる妻の小遣い。実際の小遣い額の調査結果を紹介しつつ、どんなものにどう使っているのかを紹介します。

出典: 働き方別! ママのお小遣いと買い物事情 [ふたりで学ぶマネー術] All About

専業主婦だからこそ小遣いは必要!?

不要論すらある、専業主婦の小遣い。「主婦だからこそ、しっかり定額を手にすることのメリットは多い」と語るファイナンシャル・プランナーが、額の目安や家計と小遣いのいい関係を解説します。加えて、小遣いから貯蓄をする方法もレクチャー。

出典: 主婦のお小遣いの平均は1万6000円? [家計簿・家計管理] All About

子どもの小遣いは「ためになる」のか

もうひとり大事な小遣い対象者がいました。子どもです。小遣いはなく、必要なときに必要な額を渡す、といった家庭もあるでしょう。また、あえて小遣いでやりくりさせるといった親もいます。子どものためには本当は何がベターか、考えてみます。

子どもの小遣い額はどうやって決めるべき?

意外に難しい子どもの小遣い。子どもの年齢別や親の年収別の平均額を紹介しつつ、子どもの小遣いの意義を、実際に母親でもあるファイナンシャル・プランナーが解説します。

出典: 子どものお小遣いは高所得と低所得で高い!? [マネープラン] All About

手にするお金をマネー教育に活かす

日頃、小遣いを渡していなくても、子どもはお年玉という「お金」を手にします。ならば、それを取り上げるのではなく、小遣い帳を付けさせ、マネー教育として活用してみてはどうでしょう。

出典: 子どものマネー教育 最初の一歩成功のコツ [マネープラン] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項