1.「仕事は仕事、恋愛は恋愛」と潔く割り切る

特に社内恋愛では、仕事と恋愛をすっぱり線引きすることが、恋を成功させる秘訣となります。さらにケンカ中や別れたときは、この考えによって自分の心を守れるのです。

出典: 2/2 社内恋愛で輝く女 ・色褪せる女 [潮凪洋介の恋愛コラム] All About

2.「浮気はどうってこともない」と割り切る

他人の性格を変えるのは難しい。つまり、彼の浮気性は治せません。そこはドライに割り切り、自分自身の心を変えた方が嫉妬はなくなります。さて、具体的な方法とは?

出典: 2/3 嫉妬との付き合い方 [ひかりの恋愛コラム] All About

3.勢いで関係を持ったら「一度だけ」と割り切る

一夜の遊び相手のことが、後になってじわじわ気になる…。でも男性は「その場限り」と思っている場合がほとんどです。想いを募らせても自分がつらくなるだけですよ。

出典: 付き合う前に身体の関係に…本命彼女になるためには? [水沢 真の恋愛コラム] All About

4.外見に自信がなくても「個性」と割り切る

私の容姿では彼と釣り合わない…と嘆いていても何も始まりません。まずはそれも個性と割り切り、ダイエットやイメチェンに挑戦! 意外と自分の容姿を好きになれるかも。

出典: 2/2 恋愛“格差”をプラスに転じるには? [島田佳奈の恋愛コラム] All About

5.傷心を癒すには「時間がかかる」と割り切る

失恋相手のことをいつまでも想いつづけるのはツライ。でも、無理に断ち切ろうとするとかえって引きずります。時間がかかるものと割り切り、少しずつ忘れていきましょう。

出典: 2/3 せつない恋の切り離し方 [潮凪洋介の恋愛コラム] All About