寝室に最適な温度って?

寝室は室温26℃、湿度50~60%が最適!

無駄な電気を使う必要はありませんが、熱帯夜を乗り切るためには、必要な電気を使って寝室の環境を良くすることが大切です。

出典: 節電の夏を乗り切る! 熱帯夜のスーパークール快眠法 [睡眠] All About

節電のためにも、エアコンは睡眠時に使う方がよい!?

良い環境の寝室でぐっすり眠ると、早く疲労が取れて体力を回復できるので、日中にエアコンの使用を減らせます。本当の節電のためには、夜にエアコンを使って理想的な寝室環境を保ち、グッスリ眠ることをお勧めします。

リンク: 夏の夜は「3つの快眠のコツ」でグッスリ眠ろう! [睡眠] All About

エアコンは「就寝後3時間+起床前1時間」でタイマーセット!

なぜ就寝後3時間なのか?それは、睡眠の初めの3時間には、脳の休息に特に必要な深いノンレム睡眠が多く現れるからです。

出典: 夏の夜は「3つの快眠のコツ」でグッスリ眠ろう! [睡眠] All About

少しでも節電したいときは…

ナイトウェアを脱いで裸で眠るという手もあります。裸で眠った場合の最適気温は29℃で、ナイトウェアを着ているときより3℃高くても快眠できるからです。

リンク: 節電の夏を乗り切る! 熱帯夜のスーパークール快眠法 [睡眠] All About

1:裸で寝る!

夜の眠気は、体温が下がるときに強くなります。眠る2時間ほど前に入浴や運動で体温を上げておくと、そのあと急速に体温が下がって寝つきが良くなり熟睡できます。

リンク: 節電の夏を乗り切る! 熱帯夜のスーパークール快眠法 [睡眠] All About

2:寝る前に体温を上げておく

エアコン節電対策、ウソorホント!?

またしても節電が求められる今年の夏、よく聞かれるエアコンの節電についての疑問にガイドがお答えしています。

出典: エアコン節電対策、ウソorホント!? [エアコン] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項