NISAで投資、その基本をおさらいしよう

NISAは実は意外にしくみが複雑で、「できること」「できないこと」を十分に認識しておかないと、メリットを活かすことができません。まずはそこをしっかり復習しておきましょう。

NISA投資を始めるための8つの基本

NISAを口座開設したのはいいけれど、どう利用すればいいんだっけ……? そのようなことで前に進めない人のために、まずはNISAのベーシック講座。基本をおさらいします。

出典: NISA投資で押さえておきたい8つのポイント [投資信託] All About

銀行でNISA口座を利用する基礎知識

原則、NISAは1人1口座しか作れません。また、口座を作った金融機関によってできることも異なってきます。もっとも身近な銀行でNISA口座を作った場合、何ができてメリットは何か、解説します。

出典: 銀行のNISA口座で、できることは? [銀行・郵便局] All About

NISAで投資信託の「いいとこ取り」を目指す

NISAに適した投資商品と言われる投資信託。リスクが比較的抑さえられ、上昇トレンドに乗りやすく、株式の銘柄選びも不要と、一見いいことづくめですが、投資信託なら何を買ってもいいというわけではありません。そのポイントを解説します。

NISAで手軽に利益を狙う投資法

NISAで投資デビューを考えてはいるものの、投資の知識は心許ない……。そんな人に朗報です。勉強しなくても、知識がなくても、相場のトレンドに乗ってそこそこ勝てる投資術を「相場の福の神」がレクチャーします。

出典: 勉強せずに平均点を狙う!ラクラクNISA投資法 [株・株式投資] All About

NISAで上手に分配金を手にしよう

分配金が年4回以上も入る定期分配型の投資信託は根強い人気ですが、実はこれこそ非課税制度を活用できる、NISA向きの商品とも言えます。投資信託を知り尽くしたファイナンシャル・プランナーが、定期分配型ファンドの基礎を教えます。

出典: NISAで定期分配型ファンドに投資するなら? [投資信託] All About

NISA投資はリスクコントロール型に注目しよう

NISAのメリットを活かす投資商品と言われる投資信託。しかし、無数にあるファンドから何を選ぶかは、ビギナーにはハードルの高い作業でしょう。そんな中、カリスマFPがビギナー向きとして注目するのは、リスクコントロール型のETFです。

出典: NISA投資ではリスクコントロール型ETFに注目 [投資信託] All About

NISAでトライする、本気の株式投資

銘柄を選び、大きな売却益を狙う。あるいは株主優待を手にする。魅力ある株式投資は、もちろんNISAでも可能。上手に株式投資をNISA枠内で行うための、銘柄のチョイスから下がったときの対処法まで、レクチャーします。

株式には選び方と儲け方がある

株式投資はNISAに不向きかというと、決してそんなことはありません。大事な点は、制度の性格を知り、それを活かせる投資をすること。NISAでの株式投資の人気銘柄を題材に、銘柄選びや売買のポイントをわかりやすく解説します。

出典: NISAスタート!銘柄の選び方と儲ける方法は? [株・株式投資] All About

株価が下がったときの対処法、教えます

NISAのメリットである非課税を活かすには、口座内の投資商品が「利益を出している」ことが前提となります。では、買った株式が下がっていたらどうすればいいのか……。具体的な対処法を紹介します。

出典: NISA口座で買った株が下がった!どうしたらいい? [株式戦略マル秘レポート] All About

ずっと先を見る、NISA投資の活かし方

NISA投資で教育資金ができたら……。あるいは、NISA投資で子どもや孫に資金を遺せたら……。目先の利益だけではない、ちょっと先のことをNISAで考える、そのヒントを2つ紹介します。

インフレに負けないNISAの教育資金づくり

NISAの非課税総額は500万円。しかも、非課税期間は最長5年間ですから、大きな資金を中長期で運用できるということになります。そうなると、教育資金の一部をNISAで増やすという発想は当然あり。しかも、将来のインフレリスクにも備えられます。

出典: NISAを活用した教育資金づくりはどうすればいい? [学費・教育費] All About

子どもや孫のために使うNISA

NISAは何も、目先の非課税制度だけがメリットではありません。家族で上手に利用すると、子どもや孫に資産を効率よく遺すことも可能になるのです。あまり知られていないNISAの活用法を見てみましょう。

出典: NISAで子孫に資産運用の秘訣を伝授する [投資信託] All About