コツ1:シンプル&ナチュラルを基本にコーディネート

北欧スタイルのインテリアは、自然の温もりが感じられる合理的で機能的なデザインです。シンプル&ナチュラルを基本にコーディネートしましょう。

出典: 憧れの北欧スタイルで暮らしたい [インテリアコーディネート] All About

コツ2:家具に使われる素材を知っておく

北欧の家具では、ビーチ材やオーク材が主に使われており、スチール製の脚と組み合されることもあります。ソファや椅子の張地は、織り感のある綿や麻、皮革などを選ぶと北欧らしさが出ます。

出典: 2/3 憧れの北欧スタイルで暮らしたい [インテリアコーディネート] All About

コツ3:壁面収納を活用する

シンプルな北欧スタイルのインテリアにするためには、壁面収納を活用し、すっきりと片付けましょう。IKEAには、北欧デザインの壁面収納家具が揃っています。

出典: 2/7 IKEA立川へ見に行きたい!片付く部屋の収納実例9つ [収納] All About

コツ4:シンプルで温かみのある照明器具を選ぶ

北欧をテーマにしたインテリアでは、シンプルなデザインで、白熱灯や電球色の蛍光灯を用いた温かみのある照明器具を選びましょう。

出典: 2/3 憧れの北欧スタイルで暮らしたい [インテリアコーディネート] All About

コツ5:大柄のファブリックを取り入れる

北欧ならではの大柄のデザインのファブリックをパネルにして壁面に飾ると、シンプルなインテリアのアクセントになります。

出典: 一枚の布で心豊かに暮らす北欧的テクニック [インテリアコーディネート] All About

コツ6:北欧デザイナーズ家具を知っておく

北欧のデザイナーズ家具には、アルネ・ヤコブセンの「セブンチェア」や「アントチェア」、ハンス・ウェグナーの「Yチェア」などがあります。北欧らしさを理解するために、北欧デザインの王道である巨匠のデザインを知っておきましょう。

出典: いまさら聞けない、北欧家具・デザイナーの基礎知識 [家具・インテリア] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項