1.誰にでも「いい人いたら紹介して!」

「いい人いたら紹介して!」が口癖の人は、前のめりでガツガツした印象。常にバーゲンをしているお店のようです。「彼氏はいるの?」と聞かれたときの効果的な回答とは?

出典: 3/3 口癖から紐解く「恋を遠ざけている理由」とは? [藤嶋ひじりの恋愛コラム] All About

2.「もう年だし」「どうせ」と自分を卑下

本人は謙遜のつもりでも、聞く人は「そんなことないよ」とフォローを期待されていると感じます。男性に「僕なんか」「年だし」と卑下されても、困りますよね。同じことです。

出典: 出会いを遠ざけるNG言葉を知っていますか? [石田陽子の恋愛コラム] All About

3.自分からは何もせず「出会いがない」

これを言う人は基本的に、ただ待つだけの受け身体勢。自分をアピールすることを、最初からあきらめています。趣味を見つけたり、ネットで自分を発信したり積極性を身につけて!

出典: 口癖から紐解く「恋を遠ざけている理由」とは? [藤嶋ひじりの恋愛コラム] All About

4.「バカな女と一緒にされたくないの」

賢い男性はかえって「この女性は偏屈でおもしろくなさそう」と判断します。ほんとうに知性があって、人生経験も人脈も豊富な女性は、こんなやっかんだ発言はしないからです。

出典: 2/4 危険! オトコを遠ざける悲しい口癖 [潮凪洋介の恋愛コラム] All About

5.「でも」「だって」から会話が始まる

このふたつから始まる会話は、相手の発言を否定していることになります。つまり不快感を与えるので、初対面の人との会話では特に注意を! NG会話の具体例を見ると納得です。

出典: 2/2 初対面の男性に絶対言ってはいけないNGワード5選 [植草美幸の恋愛コラム] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項