5位:「それって、要る?」ブライダルエステに高額の費用

自分たちが主役の結婚式、特に新婦は「少しでもきれいに!」と意気込みたくなるもの。ただ、ブライダルエステ代や当日のメイク代は、高額になりがちなのはもちろん、彼からすれば「そんなにお金をかけるなんて」と意見が分かれることも。

出典: ブライダルエステは「結婚のお金もめごと」になるかも [結婚のお金] All About

4位:引き出物の持ち込みなどで式場とモメる

最近増えているという、ウェディング式場と新郎新婦との契約上のトラブル。引き出物などの持ち込みの可否、持ち込み料の額、会場のキャンセルや日程変更の条件など、トラブルにつながりやすい項目についてはよく確認しておきましょう。

出典: 規約を読み込もう!結婚式場との契約ポイント(1) [結婚式・披露宴の準備] All About

3位:地域ごとの習慣や金銭感覚の違い

地域性が出るのも結婚式ならでは。北海道の結婚費用の平均額は首都圏の半額、というデータも。ご祝儀制か会費制か、披露宴に呼ぶ人数、親の費用負担度合いなども、地域によってかなり差があります。両家の地元の常識をお互いに理解しておけば、要らぬトラブルを避けられるかも。

出典: 時代や地域でこんなに違う!結婚式とお値段 [結婚のお金ガイド] All About

2位:結婚費用の分担で両家に不公平感が…

結婚費用の分担は、両家の親同士の面目もあってか、トラブルにつながりやすいもの。8割近くのカップルが親から結婚費用の援助を受けていて、その平均額は約197万円と意外に高額です。分担のしかたは折半、6:4などさまざま。式場選びの前に割合を決めておくと安心。

出典: 結婚式の費用の分担はどうしてる? [結婚のお金] All About

1位:「一生に一度だから」を言い訳に予算オーバー

(たいていの場合)一生に一度きりの結婚式。妥協したくない気持ちもわかりますが、ドレス、披露宴の料理、引き出物、会場のお花…と際限なくランクアップしてしまえば、当初の予算なんて容易にオーバーしてしまいます。結婚式にお金をかけすぎて、その後の新生活が苦しくなるのは本末転倒。予算内に費用を抑えるためのコツを押さえておきましょう。

出典: 結婚式の費用、予算管理のコツ [結婚のお金] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項