1.無理に押し殺さず、淋しいと「認める」

淋しさを無理に押し殺すと、後で揺り戻しが来てさらに淋しさを感じることになるとガイドが解説。感じ、表現し、相手がいる場合はそれを伝えるのが、健全なつき合い方です。

出典: 2/2 寂しい気持ちと仲良くなる魔法 [今井翔の恋愛コラム] All About

2.「SNS」に気持ちをつづることで発散する

家族や友人など、恋の淋しさを代わりに受け止めてくれる人が近くにいない場合は、ブログやツイッターで書きつづることで発散してみては? 共感する人たちが集まってくるかも。

出典: 寂しい女は不毛な恋を引き寄せる [ひかりの恋愛コラム] All About

3.小さな幸せを思い出し、紙に「書き出す」

そのときは淋しくても、1週間のうちには楽しいことも笑顔になれた瞬間もあったはず。小さな幸せでもいいので、それを思い出し、紙に書き出していくと、気持ちは自然と上向きに。

出典: 2/3 寂しくて泣きたい夜の「心の痛み止め」 [潮凪洋介の恋愛コラム] All About

4.今までの「恋愛スタイル」を切り替える

「この淋しさを埋めてくれるなら誰でもいい…」と思ってつき合うと、いずれ虚しくなり、孤独感がさらに増します。一度恋愛スタイルを切り替えないと、いつまでも繰り返します。

出典: 恋愛が長続きしない5つの原因 [島田佳奈の恋愛コラム] All About

5.淋しいからこそ「次の恋愛」と出会える

恋愛映画の監督曰く「恋愛を始める動機は寂しさ」。好きでもない人とメールしたりご飯に行ったりというイージーな関係に流されているうちは、いい恋愛には出会えないと言います。

出典: 鴻上尚史監督が語る 恋におちるメカニズム2 [石田陽子の恋愛コラム] All About