1.何度でも「しつこいぐらい」にモーションをかける

こちらからいくら水を向けてもリアクションのない彼は、しつこいぐらい誘うしかない! 「休日は何してる?」「暇ができたら誘ってね」……種はいくつも蒔いておきましょう。

出典: 見逃さないで!男性の「脈あり」サインを見極める [恋愛] All About

2.遠回りでも「あせらず」「時間をかけて」アプローチ

彼が鈍いのは、恋愛経験が少ないからかも。場数を踏んできた相手には伝わることも、彼には伝わらない…。そこで空回りするより、心に余裕を持ち時間をかけたほうが得策です。

出典: 2/3 40女!6カ月で恋人作り大作戦 [アラサー女子向け恋愛コラム集] All About

3.曖昧な表現は避け、好意は「ストレート」に伝える

奥ゆかしい言い方や婉曲的な表現では、鈍感な男性には届きません。「○○さんってスゴイ!」「素敵!」と、ハッキリ言って初めてアピールになります。もちろん告白も直球で!?

出典: 9割の男性が女性に求める3つのエッセンスとは? [桜井結衣の恋愛コラム] All About

4.ポジティブな感情は「オーバー」なぐらいに表現する

3にプラスしたいのが、オーバーなリアクション。特に「嬉しい」「楽しい」「ありがとう」などポジティブな感情は、にっこり笑顔で伝えて! 分かりやすさが何より大事です。

出典: 2/3 気になる人を好きにさせる! 惚れさせ行動のポイント [相沢あいの恋愛コラム] All About

5.大胆な「ボディタッチ」で彼の鈍い恋心を刺激せよ!

臆病で鈍感な男子が増えているいま、恋心を呼び覚ますほどの誘惑術が必要という説。最も手っ取り早いのはボディタッチ! 本能のおもむくままに触れ、好意をアピールして。

出典: 2/2 男心に効く誘惑術 [アラサー女子向け恋愛コラム集] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項