1.一足飛びに恋人になろうとせず、まず「友だち」を目指す

ぶつかって玉砕するよりも、まずは「友だち」枠でエントリーしようというガイドの提案。性別を超えてかけがえのない存在になれば、いずれ「恋人」枠に移籍するチャンスも…?

出典: 2/2 片思いを実らせる、3つのステップ [吉戸三貴の恋愛コラム] All About

2.メールを送るときは、相手の都合や時間帯に「配慮」して

気持ちが盛り上がるのにまかせ、相手の都合を考えずにメールを送るのはNGです。仕事中や就寝中などに何通も着信があると、彼も迷惑に感じるはず。最低限のマナーを守って!

出典: マナーを守りつつ、自分の気持ちを素直に出して [恋愛] All About

3.行き場のない思いは「ブログ」につづり少しずつ吐き出す

どこにも吐露できない想いが苦しいのなら、ブログなどに気持ちを綴ってみては? 気持ちの通風口になり、楽になるかも。ただし自分や相手が特定されないように配慮が必要です。

出典: 「苦しい片思いだからできること」を見つけて過ごす [恋愛] All About

4.「求めない、期待しない」と自分に言い聞かせ、落ち着く

相手のリアクションによって「脈があるのかも」「やっぱりダメかな」と一喜一憂するのが片想い。気持ちのアップダウンで自分が疲弊してしまわないための合い言葉がコレです。

出典: その時の状況をありのままに受け止める [恋愛] All About

5.望みがない場合の「引き際」は、自分の基準で決めておく

片想いは相手あってのこと。思い通りに進みません。いい方向ばかり考えるのではなく、引き際を見据えておくことが、結果的には自分のためになります。では、その判断基準とは?

出典: 「脈なし」と判断するべき相手の出方 [恋愛] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項