視点1:エコに対する世界基準の視点を身につける

2011年3月11日の東日本大震災を通じて、脱原発への流れ、CO2排出削減やエネルギー供給バランスなどへの関心は、日本だけでなくEU諸国でも高まってきました。特にドイツはエコ先進国と言われているだけあって、エコの視点として学べる事があります。

出典: 世界基準のエコ視点が、住み心地を変える [スマートハウス・エコ住宅] All About

視点2:将来、光熱費によって生活が圧迫されていく可能性を知る

一番身近なエコは「光熱費が抑えられるかどうか」。近年の原油の高騰からも分かるとおり、電気代が高騰していくことで生活を圧迫する可能性がより出てきています。

出典: 光熱費の高騰を視野に入れた家づくりが重要です [スマートハウス・エコ住宅] All About

視点3:環境負荷が少ないことが重要

「地球環境にどれだけ優しく家づくりが出来るか?」という視点は、「一次エネルギー」「二次エネルギー」というもので算定できます。この2つのエネルギーについて学んでいきましょう。

出典: 世界基準の「電気の使い方」を知ろう [スマートハウス・エコ住宅] All About

視点4:世界基準のエコは建物の躯体強化が基本

日本は、ヒートショックの被害者が世界一多い国となっています。先進国の中でも、なぜこんなに被害者が多いのでしょうか?

出典: なぜ日本はヒートショックの被害者が世界一多いのか? [スマートハウス・エコ住宅] All About

視点5:電気に依存しないエネルギーバランスが重要

お湯を電気で沸かすのは、電気のこぎりでバターを切るようなもの……この驚きの例は、なぜそう言えるのか。その答えとともに、電気に依存しない暮らしを提案しています。

出典: 電気でお湯を沸かすのは電ノコでバターを切るのと同じ [スマートハウス・エコ住宅] All About