1. 自営業に転職→保障額を増やす必要あり

会社員から自営・自営業に転職すると、社会保険(公的年金、公的健康保険)が変わります。会社員と比べると公的な保障が手薄くなるため、保険で死亡保障と医療保障を増やす必要があります。いくら、どうやって増やすか知っておきましょう。

出典: 退職して自営業になったときに考える生命保険 [生命保険の見直し] All About

2. 離婚→子どもがいなくても見直しは必要

離婚も、保険見直しが必要なシーンの1つ。結婚したとき、夫・妻ともに、パートナーのために用意したはずの死亡保障を元に戻す必要があるからです。医療保障の見直しは不要ですが、念のため、点検をしましょう。

出典: 子どもがいなくても、離婚したら保険の見直しは必要? [生命保険の見直し] All About

3. 保険の更新が近い→もっと割安な保険がないか検討

更新型に入っている人は、そのままにしていると保険料が上がってしまいます。それを防ぐために、見直しが必要です。保障内容の見直しはもちろん、他社の商品も比較検討を。保険料の節約ができる可能性もあります。

出典: 更新間近…見直しで保険料の節約を! [生命保険の見直し] All About

4. 収入減・負担増で家計がピンチ→ムダな保険を見直し

収入減や教育費・住宅ローンの負担増などで、家計のやりくりが厳しくなった……そんなときこそ、固定支出である生命保険の見直しが有効です。とはいえ、安易に減らしたり解約するとキケン。では、どうやって見直せばいい?

出典: 教育費に住宅ローン…家計が苦しいときの保険見直し術 [生命保険の見直し] All About

5. 海外赴任・移住→海外でも保険を使えるよう手続きが必要

会社の仕事で海外赴任したり、旅行に行って気に入って永住、ということもあるでしょう。そんな場合も、生命保険を見直し、必要な保険だけを残します。そして、海外でも保険を使えるよう手続きをすることをお忘れなく! 保険料の払い込みをしないまま放置すると、せっかくの保険が失効してします。

出典: 海外渡航したら、生命保険はどうなる? [生命保険] All About