タイミング1:社会人になったとき

学校を卒業して社会人になったら、自立した証として保険に入りましょう。ここから、あなたと保険との長いお付き合いかスタートします。親任せや無保険のままにしておいてはいけませんよ。

まずは医療保険を検討

社会人になってまず検討すべきなのは医療保険。病気やケガなどで入院した場合、親にお金の面で迷惑をかけないために入ります。ここが保険との付き合いのスタートライン。ライフステージやライフスタイルが変わったら、見直していきます。くれぐれも入りっぱなしにはしないように。

出典: 結婚、転職…ライフスタイルの変化は保険の見直し時! [保険特集] All About

タイミング2:結婚したとき

結婚するとお互いに責任が生じ、パートナーにお金の面で迷惑をかけないための保障が必要になります。夫は、万が一のときに死亡保障を増やします。妻は、医療保障の点検をしましょう。

万が一のときの保障は子どもがいなくても必要

結婚は、死亡保障を増やす、あるいは未加入なら新規加入で確保する最初のタイミングです。その他の増額のタイミングも含めて、死亡保障の増やし方を知っておきましょう。

出典: 保障額の増やしドキ、増やし方を知っておく [生命保険の見直し] All About

結婚前後の女性のかた、保険の見直しは考えている?

結婚は、保険を見直すべき「きっかけ」の1つです。結婚が決まった女性、結婚したばかりの女性も必読。「今、加入している保険はどうすればいい?」も含めた保険の見直し方がわかります。

出典: もうすぐ結婚、私の医療保険はどうしよう? [医療保険] All About

専業主婦だから保険は不要…ではない

結婚・出産をきっかけに仕事をやめて専業主婦になったら、時間の余裕ができたはず。その時間を利用して、ぜひ、行ってほしいのが保険の見直しです。夫の保険だけでなく自分の保険も点検しておきましょう。

出典: 専業主婦に転身…生命保険の見直し方 [生命保険の見直し] All About

タイミング3:子どもが生まれたとき

子どもの誕生は、子どもに対する両親の責任が発生したサインです。結婚したときに加入した保険では死亡保障が足りないはずなので、増額の見直しをきちんと行ってください。

死亡保障を中心に見直すのがセオリー

子どもが誕生したら、どんな保障が必要なのでしょうか? それは、両親のどちらかに万一のことがあっても、遺されたパートナーが子どもを育てていけるだけのお金です。

出典: 子どもが誕生したら必要な保険 [私の保険、本当にこれで大丈夫?] All About

タイミング4:マイホームを買ったとき

住宅ローンを組んで住宅を購入すると、多くの人は団体信用生命保険に加入します。これは、ローンを組んだ人に万が一のことがあると、以後のローン返済が不要になるというもの。つまり、今まで入っていた死亡保障がそのままだと保障額が多すぎることになります。これを調整するため、減額の見直しが必要です。

住宅購入は保険料を節約できるチャンス!?

夢のマイホームを購入したら、保険を見直すタイミングです。多くの人が入る団体信用生命保険は死亡保障の保険なので、保障がオーバー気味になるからです。どのように見直せばいいかを知っていきましょう。

出典: 家を購入したら保険の見直しは必要? [生命保険の見直し] All About

タイミング5:子どもが独立したとき

末の子どもが学校を卒業して社会人になったら、親の責任は軽くなります。一方、親にとっては、老後準備を始める時期とも重なります。老後を見据えた保険の見直しを行いましょう。

医療保険の内容が十分かどうかをチェック

末の子どもが学校を卒業して就職したら、親の責任はまっとうしたことになります。このタイミングで、不要になった死亡保障を減額し、老後に必要性が高くなる医療保障の点検を行いましょう。

出典: 子どもが大学を卒業したら、保険の見直しは必要? [生命保険の見直し] All About