1.経済力を重視しないカップルのほうが「幸福度」が高い!

米国の研究機関が「相手の経済力に引かれて結婚しても、幸福感は意外に低い」と報告。お互いの経済力を気にしていないカップルのほうが、幸福度が高いことが明らかになりました。

出典: 老ける恋愛、若返る恋愛、その決定的な違いは? [アンチエイジング] All About

2.お金をかけない「デートスポット」巡りって意外と楽しい

最も低コストなのは「おうちデート」ですが、マンネリ化する危険が……。屋外にも、無料のデートスポットは多数あります。公園デートや下町散策など、お金をかけなくても十分楽しい!

出典: 2/5 休日お金をかけないデートで愛を深める [恋愛] All About

3.威張られることがないから、「対等な関係」を築きやすい

金銭的負担が大きいほうが主導権を握るというのは、恋愛の常。低収入の男性なら威張り散らす可能性は低く、お互いにフェアなパートナーシップを築きやすい、とガイドが解説します。

出典: 2/2 高収入vs低収入、彼氏にするならどちらがいい? [島田佳奈の恋愛コラム] All About

4.男性の経済力ばかり重視していると「選択肢」が狭くなる

「結婚後は全面的に養ってもらう」と決めていると、それに見合う男性を見つけるのは至難の技。収入こそ少ないものの、人間的魅力にあふれた男性を見逃すことにも……もったいない!!

出典: 2/2 10%の壁を打ち破れ!35歳を過ぎて結婚するための心得 [大木隆太郎の恋愛コラム] All About

5.将来の収入アップを目指して「育てる喜び」を味わえる!

いま低収入だからといって、将来もそうだとは限りません。ふたりで力を合わせ、または彼を育てることで「高収入」男子に変貌させることも可能! 賢い女性は、すでに始めています。

出典: 低年収でもモテる方法教えます! [潮凪洋介の恋愛コラム] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項