1.「忙しいんだ」は、恋愛の優先度が低いというサイン

実際に仕事が忙しい場合がほとんどですが、そんなときの男性は恋愛に気持ちが向いていないのも事実。そこでしつこくメールを送ると、重く感じてしまうとか……。では、どうすれば?

出典: 2/3 連絡をくれない男の本音 [アラサー女子向け恋愛コラム集] All About

2.「彼女はいらない」は、遊びの相手ならOKという裏の意味が…

裏に「遊びならOK」という意味が潜んでいる場合もあるので注意! 実際に遊び相手がいて欲求が満たされている男性なら、恋愛という精神的なやり取りは面倒と思っている可能性も大。

出典: 2/3 「彼女はいらない」と言う男性の真意 [相沢あいの恋愛コラム] All About

3.「力になりたい」も、実は弱った心につけ込んだ遊び目的!

悩んでいる女性の心に、甘い言葉を並べてするりと入り込む。つい身体も許してしまいがちですが……これこそが男性の目的! 本当に心配してくれているなら、つけ込むマネはしません。

出典: 2/2 すべては欲望のため!? 偽物「メッキ男」の見分け方 [桜井結衣の恋愛コラム] All About

4.「距離を置きたい」は、彼がキャパオーバーになっている証

仕事や人間関係など気にかかることはたくさんあるなかで、恋人から自分の気持ちだけを押し付けられると、男性はいっぱいいっぱいに! 実際に距離をおき見守ったほうがよさそうです。

出典: 「距離を置く」は別れのサイン? [島田佳奈の恋愛コラム] All About

5.「家庭的な人がいい」の本音は、仕事も家事もデキる女性が理想

料理や家事が得意な女性は魅力的。そのうえで社会と接点を持ち、イキイキと働く女性はもっと魅力的。両方を兼ね備えている女性を求める男性が増えているという、ガイドの指摘です。

出典: 結婚適齢期の男達の本音(前編) [婚活・お見合い] All About