ザ・大人の趣味と言えばジャズ

まとめ人はロックやテクノをこよなく愛する人間だが、大人っぽい雰囲気を醸し出すうえでは少しヤンチャすぎる気がしないでもない。大人モテを意識するのであれば、やはり耳元に置いておきたいのはジャズ。なんの裏付けもない訴えで恐縮だが“ジャズ=大人っぽい”という感覚に異論がある人は少ないだろう。All Aboutではそんなジャズの入門に最適な記事がいくつか揃っている。

ジャズ通を目指すなら押さえたい3つのポイント

まわりから一目置かれるこだわりの「ジャズ通」を目指すうえで、最初に押さえておきたい3つのポイントを紹介しています。

出典: 目指せジャズ通! 最初に押さえて欲しい3つのポイント [ジャズ] All About

ジャズライブで大事な3つのお作法

ジャズを学ぶなら現場に足を運ぶのがいちばん。しかし“ジャズのライブ”と聞くとなんだか身構えてしまう人も多いのでは? 最低限抑えておきたい3つの作法を学んで、ジャズ・ライブデビューしよう。

出典: ジャズライブへ行くときの大事な3つのお作法 [ジャズ] All About

お洒落なジャズ会話をたしなむには

当然の話だが、ジャズを聴くだけではたぶんモテない。必要なのは、それをいかにステキなトークとして人々にお伝えできるかだ。お洒落なジャズ会話のコツ、ぜひ覚えておこう。

出典: お洒落なジャズ会話をたしなむための3つのコツ [ジャズ] All About

粋な大人を目指すなら歌舞伎は外せない

歴史を重んじる男はなんとなくモテそうな気がする。この思いつきに則れば、歌舞伎ほど大人モテにふさわしい趣味はないだろう。しかし、ジャズ同様に歌舞伎もなんだか敷居が高そうだ。私といっしょにAll Aboutの記事を読んで勉強しよう。

これさえ読めばバッチリ歌舞伎の基礎知識

その長い歴史同様、歌舞伎の基礎を学ぶにもそれなりの記事を読み込む必要はあるだろう。しかしご安心を、All Aboutにはそのものズバリな“歌舞伎の基礎知識”という記事の集まりが用意されている。空いた時間に少しづつ読めば、キミも立派な歌舞伎ファンだ。

出典: 歌舞伎の基礎知識 [歌舞伎] All About

明日歌舞伎を観に行くんだけど! という人はコレ

歌舞伎を知らなのに、歌舞伎に誘われてしまった! という人もなかにはいるだろう。そんな人はまず、こちらの記事をチェックしよう。前後篇あるのでご注意を。

出典: 初めての歌舞伎見物 3ステップ(前) [歌舞伎] All About

アートを嗜み、違いのわかるモテ男になる

アートや美術の知識をひけらかす、あるいは肩肘張って楽しむのはよくないことかもしれないが、それでもアートへの造詣が深い人というのはカッコよく見えてしまうもの。またデートコースとして美術館やギャラリーは定番スポットでもある。女性にイイところを見せるうえで、知っておくとよさそうな記事を紹介しよう。

美術作品を時代で読み取ってみる

作品がつくられた背景には、その時代だからこそ、という歴史が関係していることが多いもの。時代という切り口で作品を見れば、新たな楽しみが生まれるだろう。

出典: 美術作品を時代で読み取りましょう [アート・美術展] All About

難解? インスタレーションはこうやって見よう

数あるアートのなかでも、多くの人が見方に困っているもの……インスタレーション。しかし実際には、そんなに難しく考える必要はないのだ。

出典: インスタレーションはどうやって見るの? [アート・美術展] All About

大人の男は野外でこそ輝く

山ガールなる言葉が叫ばれ出して数年。以前に比べて、女性の関心はグッとアウトドア方面に向いている気がする。大人モテを目指すのであれば、そんなアウトドア指向な女性たちの視線の先に颯爽と表れ、手際よく焚き火のひとつでも起こしたいものだ。なんとも頭の悪い文章で恐縮だが、大人モテを目指すのであれば、野外で輝かない手はない。

極上のバーベキューを振るまえる男になる方法

野外料理の定番と言えばバーベキュー。炭火で食材を焼く、というシンプルな料理方法は男らしいったらありゃしない。しかし、それ故に失敗したときのダメージも大きい。極上のバーベキューを振る舞えるよう、常に準備しておこう。

出典: 残念なバーベキューを極上の野外料理にする簡単な方法 [オートキャンプ] All About

連絡先はキャンプ場――モテ男は仕事場を選ばない

自身のデスクでバリバリと仕事をこなす男はカッコイイが、キャンプ場で思慮深げに仕事と向き合う男がいたら、それはかなりヤバイ(もちろんいい意味で)。究極のノマド“ノマドワークキャンパー”を紹介しよう。

出典: キャンプ場で仕事!?ノマドワークキャンパーのすすめ [オートキャンプ] All About