福岡市

官兵衛親子が築城した「福岡城」

官兵衛とその子長政が築いた福岡城の跡地。有形文化財である多聞櫓をはじめ、潮見櫓や下之橋御門、祈念櫓、母里太兵衛邸長屋門、名島門が現在も残されています。

出典: 福岡城むかし探訪館

官兵衛が晩年を過ごした「舞鶴公園」

福岡城をシンボルとした、自然の美しい公園。官兵衛が晩年を過ごした黒田如水公御鷹屋敷跡の石碑があります。

出典: 舞鶴公園 - 福岡・博多の観光案内サイト よかなび

官兵衛の墓がある「崇福寺」

崇福寺には黒田家代々の墓があります。山門は旧福岡城の表御門を移築したもので、黒田家とのゆかりの深さが伺えます。

出典: 福岡市 博多の豆知識vol.73 「黒田家代々の墓がある崇福寺」

官兵衛の妻光姫が建てた「圓應寺」

福岡城築城の翌年、光姫が開基して黒田家の菩提寺とした圓應寺。境内にある光姫の墓碑の墓石内には、戦前までは光姫自身の遺髪が納められていたそう。

出典: 浄土宗 照福山 顕光院 圓應寺 - 福岡(円応寺・えんのうじ)

官兵衛と長政を祀る「光雲神社」

光雲神社は官兵衛とその息子長政を祀る神社。黒田軍の大将である母里太兵衛の等身大像や、長政が使った水牛兜の像があります。

出典: 福岡市 光雲神社

太宰府市

官兵衛の隠居の地「太宰府天満宮」

官兵衛は福岡城内の居館建設中、太宰府天満宮境内に住んでいました。そのときに実際に官兵衛が使っていた「如水の井戸」や、官兵衛を祀った如水社があります。

出典: 何度も楽しめる!工夫がたくさんの「太宰府天満宮」へ [ドライブ] All About

筑後市

官兵衛が陣を張った「水田天満宮」

関ヶ原の戦いで官兵衛が陣を張ったと言われている水田天満宮。加藤清正と官兵衛による水田会談もこの近くで行われました。

出典: 【水田天満宮】へようこそ!九州二大天満宮

北九州市

官兵衛が攻め落とした「小倉城」

官兵衛は関ヶ原の戦いで、毛利勝信の治める小倉城を落としたと言われています。官兵衛にとって福岡出発の地です。

出典: 小倉城 【北九州小倉文化史の探索】

黒田家名宝を所蔵する「福岡市博物館」

黒田家ゆかりの品を多数所蔵。黒田家から寄贈を受けた「金印」や「日本号」は常設展示。官兵衛に関する品も期間限定で展示中。

出典: 福岡の文化発展の足跡を学べる 「福岡市博物館」 [博多の観光・旅行] All About