つわりがひどい、切迫早産…「傷病手当金」の対象に

健康保険に加入していて、業務外の病気やケガで働けなくなったときに支給される「傷病手当金」。切迫早産や妊娠悪阻などで妊娠中に入院したり自宅療養したりした場合でも、傷病手当金の対象になります。支給額は、休んだ期間1日につき、標準報酬日額の2/3相当です。

出典: 妊娠中の自宅療養も傷病手当金の対象 [出産・育児費用] All About

原則42万円が受け取れる「出産育児一時金」

本人もしくは妻が出産すると、健康保険から出産育児一時金が支給されます。その額は42万円(原則)。加入している健康保険によっては、付加金がつくことも。

出典: 助かる!出産育児一時金 [出産・育児費用] All About

産休中は「出産手当金」がお給料の2/3分もらえる

産休中のお給料の代わりとして健康保険から支給されるのが「出産手当金」。社員のほか、契約社員やパート、アルバイト、派遣社員であっても、健康保険に加入し続けていればOK。標準報酬日額の2/3を、休んだ日数分もらえます。

出典: 働くママを助ける、産休中の「出産手当金」 [出産・育児費用] All About

民間の医療保険から給付金が出る場合も

たとえば、帝王切開手術は医学的措置として健康保険が適用されます。民間の医療保険に入っていれば、手術費用や入院費用に対して給付金が支払われます。中には出産で「黒字」になるケースもあるようです。妊娠中は医療保険に入りにくくなるため、妊娠を考える前に入っておくのがベストです。

出典: 帝王切開で医療保険から給付金は出る? [出産・育児費用] All About

「高額療養費制度」で自己負担額が抑えられる

妊娠・出産による合併症や異常分娩は健康保険の対象。とはいえ、3割負担でも高額になることもあるでしょう。そんなときの負担軽減のためにあるのが「高額療養費制度」。1カ月間の医療費の自己負担額が一定額以上になると、一部の費用が戻ってきます。

出典: 妊娠・出産の合併症も「高額療養費」の対象に [出産・育児費用] All About

「医療費控除」で払いすぎた税金が戻ってくる

妊娠・出産で医療費がかかった年について、確定申告で「医療費控除」を申請すれば、払いすぎた税金が戻ってくることもあります。医療費控除とは、1年間に家族全員で払った医療費が合計10万円(所得200万円以下なら所得の5%)を超えると、確定申告によって還付金がもらえるという仕組みです。

出典: 出産したら医療費控除で還付金をゲット [出産・育児費用] All About