動物と長く暮らすということは?

動物と暮らすということは、当然、その老いも受け止めていくということです。犬や猫は、人間の数倍の速さで年を取っていきます。15歳以上長生きしたら、人間の歳でいうと何歳ぐらいなのでしょう。

出典: 動物と長く暮らすということ『クロはぼくのいぬ』 [絵本] All About

飼い主の家族模様に変化が出た時

犬や猫が長生きする間には、飼い主の家族模様にも様々な変化が生まれるでしょう。そんな時、犬や猫が寂しい思いをしていないか、少し想像して声をかけてあげてください。

出典: おかあさんを見つめる小さな目『ねえだっこして』 [絵本] All About

無責任に手放すことだけはやめて!

一緒に暮らすことが難しくなったとき、無責任に手放すことだけはやめて! 悲痛な叫びが聞こえます。

出典: 動物実験で傷ついた犬の一生『星空のシロ』 [絵本] All About

あながた救える犬や猫の命がある

犬や猫を飼いたくなったら、「ペットショップ」で買う? あなたが救える命があることを知ってほしいです。

出典: 人間に翻弄される動物の命『ぼくがすて犬になった日』 [絵本] All About

犬や猫たちの自分への思いに気づいて『猫のプシュケ』

あなたに、仲良しの犬や猫よりも大切な存在、新しい興味対象が出てきたとき、どうしますか? 犬や猫のあなたへの思いに、気づいてください。

出典: 女の子に恋した黒猫の切ない物語『猫のプシュケ』 [絵本] All About

犬からともに暮らす人間への思い

色々考えて、それでも犬や猫と一緒に暮らしてみたいと思ったら、ぜひこの絵本をバイブルに。

出典: 犬から人への願い『いぬとわたしの10のやくそく』 [絵本] All About